簿記2級 重要仕訳TOP100 新株発行(設立時)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 会社の設立にあたり、発行可能株式総数500株のうち300株を1株あたり ¥ 10,000 で発行し、払込金の全額が普通預金口座に振り込まれた。なお、資本金に計上する額は、会社法が規定する最低限度額とする。また、現金で支払った株式の発行にかかる費用 ¥ 100,000 および設立登記にかかる費用 ¥ 250,000 は、当期の費用として処理することにした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 のれん
資本金 資本準備金 利益準備金 広告宣伝費
創立費 株式交付費 開業費 開発費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
普通預金

創立費
3,000,000

350,000
※1

※3
資本金
資本準備金
現金
1,500,000
1,500,000
350,000
※2
※2

※1 @10,000円×300株=3,000,000円

※2 3,000,000円÷2=1,500,000円

※3 100,000円+250,000円=350,000円

解説

 新株発行(設立時)に関する問題です。

 本問は、取引を【払込金に関する取引】と【創立費に関する取引】に分けて考えましょう。

 問題文に「資本金に計上する額は、会社法が規定する最低限度額とする」という指示があるので、会社法が規定する最低限度額(=払込金の2分の1)を資本金、残りを資本準備金で処理します。

払込金=@10,000円×300株=3,000,000円

資本金=3,000,000円÷2=1,500,000円

資本準備金=3,000,000円-1,500,000円=1,500,000円

解答①(払込金に関する仕訳)
(借)普通預金 3,000,000
 (貸)資本金 1,500,000
 (貸)資本準備金 1,500,000

 創立費とは「設立準備(ゼロの状態)から設立登記までに要した費用」をいい、設立期間中の発起人への報酬や定款作成・新株発行にかかる諸費用などがこれに該当します。

  • 創立費:設立準備から設立登記までに要した費用
  • 開業費:設立登記から開業までに要した費用

 本問は、問題文に「現金で支払った株式の発行にかかる費用 ¥ 100,000 および設立登記にかかる費用 ¥ 250,000 は、当期の費用として処理する」とあるので、2つの費用を創立費で処理します。うっかり株式交付費や開業費で処理しないように気をつけましょう。

創立費=100,000円+250,000円=350,000円

解答②(創立費に関する仕訳)
(借)創立費 350,000
 (貸)現金 350,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

増資時の新株発行の仕訳は、新株発行(増資時)で出題しています。どちらも「払込金の処理」と「発行にかかる費用の処理」の2点がポイントです。



Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 商品売買(全14問)
  2. 債権・債務(全13問)
  3. 外貨建取引(全4問)
  4. 有価証券(全9問)
  5. 固定資産(全22問)
  6. リース取引(全6問)
  7. 社会保険・税金(全11問)
  1. 本支店会計(全4問)
  2. その他(全6問)

ページの先頭へ