簿記2級 重要仕訳TOP100 有価証券の売却(その他有価証券)

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 前期中に @¥ 800 で購入し、前期末決算で @¥ 700 に評価替え(全部純資産直入法による洗替方式を適用)していたその他有価証券1,000株を諸事情により @¥ 750 で売却し、代金は3営業日後に受け取ることにした。なお、再振替仕訳(評価差額の振戻仕訳)は期首において適切に行われている。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
未収入金 売買目的有価証券 満期保有目的債券 その他有価証券
関係会社株式 未払金 有価証券利息 有価証券売却益
投資有価証券売却益 有価証券売却損 投資有価証券売却損 その他有価証券評価差額金

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金
投資有価証券売却損
750,000
50,000
※2
※3
その他有価証券 800,000 ※1

※1 @800円×1,000株=800,000円

※2 @750円×1,000株=750,000円

※3 800,000円-750,000円=50,000円(貸借差額)

解説

 有価証券の売却(その他有価証券)に関する問題です。

 本問はまず、問題文の「前期中に @¥ 800 で購入し、前期末決算で @¥ 700 に評価替え(全部純資産直入法による洗替方式を適用)していたその他有価証券1,000株」から、前期の購入時・決算時の仕訳を考えてみましょう。

取得原価=@800円×1,000株=800,000円

参考:前期の購入時の仕訳
(借)その他有価証券 800,000
 (貸)現金など 800,000

前期末の時価=@700円×1,000株=700,000円

評価差額金=800,000円-700,000円=100,000円(評価損相当額)

参考:前期末の決算時の仕訳
(借)その他有価証券評価差額金 100,000
 (貸)その他有価証券 100,000

 また、問題文の「再振替仕訳(評価差額の振戻仕訳)は期首において適切に行われている」から、期首において再振替仕訳を行ったことが分かります。

 この再振替仕訳により、その他有価証券の帳簿価額が前期末の時価(700,000円)から取得原価(800,000円)に修正されます。

参考:当期首の再振替仕訳
(借)その他有価証券 100,000
 (貸)その他有価証券評価差額金 100,000

 最後に、本問で問われている売却時の仕訳を考えます。

 有価証券を売却した場合、帳簿価額と売却価額との差額を売却損益で処理しますが、投資有価証券(満期保有目的債券・その他有価証券)にかかる売却損益は、投資有価証券売却益または投資有価証券売却損で処理します。

 なお、代金は3営業日後に受け取るため、借方は未収入金で処理します。

  • 帳簿価額:800,000円(取得原価)
  • 売却価額:@750円×1,000株=750,000円
  • 売却損益:800,000円-750,000円=50,000円(売却損)
解答:売却時の仕訳
(借)未収入金 750,000
(借)投資有価証券売却損 50,000
 (貸)その他有価証券 800,000
管理人

本問は「売却時の帳簿価額の算定」と「売却損益の勘定科目」の2点がポイントです。保険的な位置づけで押さえておきましょう。



Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 商品売買(全14問)
  2. 債権・債務(全13問)
  3. 外貨建取引(全4問)
  1. 固定資産(全22問)
  2. リース取引(全6問)
  3. 社会保険・税金(全11問)
  4. 純資産(全11問)
  5. 本支店会計(全4問)
  6. その他(全6問)

ページの先頭へ