簿記2級 重要仕訳TOP100 仕入取引(売上原価対立法)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 東野商店から商品 ¥ 300,000 を仕入れ、代金は掛けとした。なお、商品の引取運賃 ¥ 2,000 は現金で支払った。商品売買については、商品を仕入れたときに商品勘定に記入し、販売したときにそのつど売上原価を売上原価勘定に振り替える方法で記帳している。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
商品 買掛金 前受金 未払金
売上 仕入 売上原価 支払運賃

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品 302,000 ※1 買掛金
現金
300,000
2,000

※1 300,000円+2,000円=302,000円(貸借差額)

解説

 仕入取引(売上原価対立法)に関する問題です。

 本問は、取引を【掛けによる仕入取引】【引取運賃に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 問題文の「商品を仕入れたときに商品勘定に記入し、販売したときにそのつど売上原価を売上原価勘定に振り替える方法で記帳している」から、売上原価対立法を採用していることが分かるので、商品代金300,000円を仕入ではなく商品で処理します。

解答①(掛けによる仕入取引)
(借)商品 300,000
 (貸)買掛金 300,000

 商品の配送費用や引取運賃など、商品を仕入れるさいに発生する費用(付随費用)を仕入諸掛りといいます。

 本問のように、仕入諸掛りを当社・仕入先のどちらが負担するのか明確な指示がない場合は、当社が負担すると考えて仕入原価に含めて処理します。

  • 仕入諸掛り
    • 当社負担:仕入原価に含めて処理
    • 仕入先負担:立替金で処理or買掛金から差し引いて処理
  • 売上諸掛り
    • 当社負担:発送費などで費用処理
    • 得意先負担:立替金で処理or売掛金に含めて処理
解答②(引取運賃に関する取引)
(借)商品 2,000
 (貸)現金 2,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

参考1:売上原価対立法の仕訳のひな形

 売上原価対立法の「仕入時」「売上時」「決算時」の仕訳のひな形は以下のとおりです。参考までに仕訳をご確認ください。

参考1-1:仕入時の仕訳
(借)商品 ×××
 (貸)買掛金など ×××
参考1-2:売上時の仕訳
(借)売掛金など ×××
 (貸)売上 ×××
(借)売上原価 ×××
 (貸)商品 ×××
参考1-3:決算時の仕訳
仕訳なし

参考2:仕入諸掛りを仕入先が負担する場合の仕訳

 仕入先負担の諸掛りを立て替えて支払った場合、立替金で処理するか買掛金から差し引いて処理します。明確な指示がない場合は、問題に列挙されている勘定科目から判断して解答しましょう。

参考2-1:立替金で処理する場合の仕訳
(借)仕入 ×××
 (貸)買掛金など ×××
(借)立替金 ×××
 (貸)現金など ×××
参考2-2:買掛金から差し引いて処理する場合の仕訳
(借)仕入 ×××
 (貸)買掛金など ×××
 (貸)現金など ×××
管理人

売上原価対立法による場合の売上時の仕訳は、売上取引(売上原価対立法)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。



Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 債権・債務(全13問)
  2. 外貨建取引(全4問)
  3. 有価証券(全9問)
  4. 固定資産(全22問)
  5. リース取引(全6問)
  6. 社会保険・税金(全11問)
  7. 純資産(全11問)
  8. 本支店会計(全4問)
  9. その他(全6問)

ページの先頭へ