簿記3級 重要仕訳TOP100 再振替仕訳

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 前期の決算において前受地代 ¥ 180,000 を計上していたので、当期首において再振替仕訳を行った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 立替金
前払地代 未収地代 未払地代 前受地代
預り金 受取地代 支払地代 損益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
前受地代 180,000 受取地代 180,000

解説

 再振替仕訳に関する問題です。

 再振替仕訳は、以下の2ステップで考えると分かりやすいです。

  1. 前期末の決算整理仕訳を書く
  2. 1.の逆仕訳を書く

 問題文の「前期の決算において前受地代 ¥ 180,000 を計上していた」から、前期末に地代の前受け処理を行っていたことが分かります。

参考:ステップ1(前期末の決算整理仕訳を書く)
(借)受取地代 180,000
 (貸)前受地代 180,000

 1.の仕訳の貸借をひっくり返して逆仕訳をします。

解答:ステップ2(1.の逆仕訳を書く)
(借)前受地代 180,000
 (貸)受取地代 180,000
管理人

再振替仕訳の問題は、常に「前期末の決算整理仕訳を考える→逆仕訳をする」という流れで処理することをおすすめします。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ