簿記3級 重要仕訳TOP100 決算振替仕訳(当期純利益の振り替え)

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 損益勘定の記録によると、当期の収益総額は ¥ 1,200,000、費用総額は ¥ 900,000 であった。この差額を繰越利益剰余金勘定へ振り替える。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 未収入金
未払金 資本金 繰越利益剰余金 売上
雑益 仕入 雑損 損益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
損益 300,000 ※1 繰越利益剰余金 300,000

※1 1,200,000円-900,000円=300,000円

解説

 決算振替仕訳(当期純利益の振り替え)に関する問題です。

 本問は、問題文の「当期の収益総額は ¥ 1,200,000、費用総額は ¥ 900,000 であった」から、損益勘定が300,000円の貸方残になっていることが分かります。

参考:収益総額と費用総額を損益に振り替える仕訳
(借)収益総額 1,200,000
 (貸)損益 1,200,000
(借)損益 900,000
 (貸)費用総額 900,000
損益勘定

 また、問題文に「この差額を繰越利益剰余金勘定へ振り替える」とあるので、損益勘定の差額300,000円(当期純利益)を繰越利益剰余金に振り替えます。

解答:損益を繰越利益剰余金に振り替える仕訳
(借)損益 300,000
 (貸)繰越利益剰余金 300,000
損益勘定と繰越利益剰余金勘定

 損益の振り替えに関しては、以下のような流れで簡単に処理することも可能です。慣れてきたらこの流れでサクッと解答しましょう。

  • 収益>費用:当期純利益が発生→繰越利益剰余金が増える(貸方)→損益が借方
  • 収益<費用:当期純損失が発生→繰越利益剰余金が減る(借方)→損益が貸方
管理人

当期純損失が発生している場合の決算振替仕訳は、決算振替仕訳(当期純損失の振り替え)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ