簿記3級 重要仕訳TOP100 決算振替仕訳(損益への振り替え)

仕訳問題

難度:・中・低

重要度:A・B

 決算において、仕入および支払家賃の勘定残高を損益勘定に振り替えた。なお、当期中の総仕入高は ¥ 1,000,000、戻し高は ¥ 30,000 であった。また、当期中の家賃の支払額は ¥ 220,000、決算日における未払額は ¥ 20,000 であった。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 買掛金
未払費用 資本金 利益準備金 繰越利益剰余金
売上 仕入 支払家賃 損益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
損益 1,210,000 ※3 仕入
支払家賃
970,000
240,000
※1
※2

※1 1,000,000円-30,000円=970,000円

※2 220,000円+20,000円=240,000円

※3 970,000円+240,000円=1,210,000円(貸借差額)

解説

 決算振替仕訳(損益への振り替え)に関する問題です。

 本問は、取引を【仕入の振り替えに関する取引】【支払家賃の振り替えに関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 損益に振り替えるのは総仕入高ではなく、総仕入高から仕入戻しを差し引いて計算した純仕入高になります。まずは純仕入高を計算しましょう。

純仕入高=総仕入高-仕入戻し

純仕入高=1,000,000円-30,000円=970,000円

解答①(仕入の振り替えに関する取引)
(借)損益 970,000
 (貸)仕入 970,000

 問題文の「当期中の家賃の支払額は ¥ 220,000、決算日における未払額は ¥ 20,000 であった」から、家賃の未払いがあることが分かります。まずはこの未払分を適切に処理しましょう。

参考:家賃の未払いに関する仕訳
(借)支払家賃 20,000
 (貸)未払家賃 20,000

 上記の仕訳の結果、支払家賃の金額が240,000円(=220,000円+20,000円)になるので、これを損益に振り替えます。

解答②(支払家賃の振り替えに関する取引)
(借)損益 240,000
 (貸)支払家賃 240,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

総仕入高・純仕入高の計算式だけでなく、総売上高・純売上高の計算式(総売上高-売上戻り=純売上高)もセットで押さえておきましょう。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ