簿記3級 重要仕訳TOP100 消費税(決算処理)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 決算にあたり、消費税の納付額を計算し、これを確定した。なお、当期の消費税仮払分は ¥ 80,000、消費税仮受分は ¥ 240,000 であり、消費税は税抜方式で記帳処理している。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 仮払消費税
仮払法人税等 仮受消費税 未払消費税 未払法人税等
売上 仕入 租税公課 法人税等

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮受消費税 240,000 仮払消費税
未払消費税
80,000
160,000

※1

※1 240,000円-80,000円=160,000円(貸借差額)

解説

 消費税(決算処理)に関する問題です。

 消費税を税抜方式で記帳する場合、期中に消費税分を支払った時は仮払消費税、受け取った時は仮受消費税で処理します。

 その後、決算において仮払消費税と仮受消費税を相殺し、貸借差額を未払消費税で処理します。

 本問は、問題文の「当期の消費税仮払分は ¥ 80,000、消費税仮受分は ¥ 240,000 であり」から、期中に仮払消費税を80,000円、仮受消費税を240,000円を計上していることが分かります。

 決算においてこれを相殺し、貸借差額の160,000円(=240,000円-80,000円)を未払消費税で処理しましょう。

管理人

仮に「仮払消費税>仮受消費税」となる場合は、貸借差額を未収還付消費税等などで処理します。

ただ、未収還付消費税等は2級の範囲になるため、3級では常に「仮払消費税<仮受消費税」になると考えて、貸借差額を未払消費税で処理しましょう。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ