簿記3級 重要仕訳TOP100 固定資産の購入(付随費用あり①)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 店舗拡張のため、土地300㎡を1㎡につき ¥ 10,000 で購入し、代金は登記費用 ¥ 100,000 とともに小切手を振り出して支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 仮払金
土地 未払金 法定福利費 支払手数料
支払家賃 支払地代 保険料 租税公課

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
土地 3,100,000 ※1 当座預金 3,100,000

※1 @10,000円×300㎡+100,000円=3,100,000円

解説

 固定資産の購入(付随費用あり①)に関する問題です。

 本問は、取引を【土地の購入に関する取引】【登記費用に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 問題文に「土地300㎡を1㎡につき ¥ 10,000 で購入し…小切手を振り出して支払った」とあるので、土地の増加および当座預金の減少として処理します。

土地の購入代価:@10,000円×300㎡=3,000,000円

解答①(土地の購入に関する取引)
(借)土地 3,000,000
 (貸)当座預金 3,000,000

 登記費用や仲介手数料など、固定資産を購入するさいに発生する費用(付随費用)は取得原価に含めて処理します。

固定資産の取得原価:購入代価+付随費用

 本問は、問題文に「登記費用 ¥ 100,000 とともに小切手を振り出して支払った」とあるので、登記費用100,000円は土地の取得原価に含めて処理します。

解答②(登記費用に関する取引)
(借)土地 100,000
 (貸)当座預金 100,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

固定資産の購入時に発生する付随費用は、取得原価に含めて処理する!と押さえておきましょう。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ