第146回日商簿記検定3級・仕訳類題3(租税公課・通信費)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★☆☆

 収入印紙 ¥ 5,000 と郵便切手 ¥ 1,000 を購入し、代金は現金で支払った。なお、収入印紙と郵便切手はただちに使用した。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 前払金 貯蔵品
仕入 租税公課 通信費 雑費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
租税公課
通信費
5,000
1,000
現金 6,000

解説

 租税公課・通信費に関する問題です。

 本問は、「収入印紙→租税公課」「郵便切手→通信費」という処理方法を知っているかどうかを問うだけの簡単な問題です。

  • 租税公課:収入印紙代、固定資産税、自動車税など
  • 通信費:電話代、切手・ハガキ、宅配便など

 なお、期末に残りがある場合は、決算整理仕訳で租税公課・通信費を貯蔵品に振り替えます。参考までに仕訳をご確認ください。

参考・収入印紙が1,500円、郵便切手が100円残っていた場合の決算整理仕訳
(借)貯蔵品 1,600
 (貸)租税公課 1,500
 (貸)通信費 100

 租税公課に関する問題は、第106回の問4第107回の問2第111回の問3第122回の問1第125回の問2第127回の問5第129回の問5第133回の問3第135回の問4第137回の問2第139回の問4第141回の問5第147回の問2でも出題されているので、あわせてご確認ください。



ページの先頭へ