第146回日商簿記検定2級・仕訳類題1(クレジット売掛金)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 商品 ¥ 400,000 をクレジット払いの条件で販売した。なお、信販会社へのクレジット手数料3%は、入金時に計上することとした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 クレジット売掛金
未収入金 未払金 未払手数料 仕入
手形売却損 支払手数料 売上 受取手数料

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
クレジット売掛金 400,000 売上 400,000

解説

 クレジット売掛金に関する問題です。

 本問は、問題文に「信販会社へのクレジット手数料3%は、入金時に計上することとした。」とあるので、手数料の処理は不要です。

解答仕訳
(借)クレジット売掛金 400,000
 (貸)売上 400,000

 なお、信販会社へのクレジット手数料3%は、後日、入金があったさいに計上します。参考までに仕訳をご確認ください。

参考・入金時の仕訳
(借)現金預金 388,000
(借)支払手数料 12,000
 (貸)クレジット売掛金 400,000

クレジット手数料を販売時に計上する場合は?

 クレジット手数料を入金時ではなく販売時に計上するパターンもあります。上記の仕訳とあわせてご確認ください。

参考・販売時に手数料を計上する場合の仕訳
(借)クレジット売掛金 388,000
(借)支払手数料 12,000
 (貸)売上 400,000
参考・入金時の仕訳
(借)現金預金 388,000
 (貸)クレジット売掛金 388,000

 クレジット売掛金に関する問題は、第144回の問3第147回の問3第150回の問4でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ