第123回日商簿記検定3級・仕訳類題5(売上戻り・自家消費)

仕訳問題(類題)

重要度:★☆☆ 難度:★★☆

 津軽商店に対して掛けで販売した商品80個(原価:@¥ 8,000 、売価:@¥ 10,000 )のうち、3個が破損していたため返品されてきたが、商品パッケージが著しく破損していたため、店主が自家消費することとした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
売掛金 立替金 備品 引出金
仕入 消耗品費 雑損 雑益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上
引出金
30,000
24,000
売掛金
仕入
30,000
24,000

解説

 売上戻り・自家消費に関する問題です。

 本問は【売上戻りに関する取引】と【自家消費に関する取引】に分けて考えましょう。

売上戻りに関する取引

 売上戻りに関しては、売上時の逆仕訳をするだけです。なお、売上戻りの金額を計算するさいには原価ではなく売価を使います。

売上戻りの金額=@10,000円×3個=30,000円

解答①
(借)売上 30,000
 (貸)売掛金 30,000

自家消費に関する取引

 問題文の「商品パッケージが著しく破損していたため、店主が自家消費することとした」というのは、例えば、戻ってきた商品の外装が破れてしまっていて売り物にならないので、自宅用として使うことにした場合などがこれに該当します。

 このような場合は資本の引き出しとして処理するとともに、原価分の仕入がなかったことにするために仕入の金額を減額します。なお、減額する金額を計算するさいには売価ではなく原価を使います。

自家消費の金額=@8,000円×3個=24,000円

 また、本問は問題に列挙されている勘定科目の中に引出金がある(=資本金はない)ので、資本の引き出しは引出金で処理すると判断します。

解答②
(借)引出金 24,000
 (貸)仕入 24,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

 売上戻り・売上値引に関する問題は、第100回の問1第114回の問3第144回の問1第151回の問1でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ