第123回日商簿記検定3級・仕訳類題3(固定資産の購入・消耗品・未払金)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★★☆

 新入社員向け事務処理用パソコン3台( @¥ 100,000 )と、事務用文房具 ¥ 50,000 を購入し、代金は月末に支払うこととした。なお、パソコンの設置費用 ¥ 10,000 については小切手を振り出して支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 立替金 仮払金
備品 買掛金 未払金 消耗品費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品
消耗品費
310,000
50,000
未払金
当座預金
350,000
10,000

解説

 固定資産の購入と消耗品に関する問題です。

 本問はまず、事務処理用パソコンと事務用文房具をきちんと分類できるかどうかが第一のポイントになります。

  • 事務処理用パソコン ¥ 300,000:備品
  • 事務用文房具 ¥ 50,000:消耗品

 事務処理用パソコンに関しては備品で処理するだけですが、備品に限らず、建物や土地、車両などの固定資産を購入したさいに、不可避的に発生した費用(付随費用)は購入原価に含めて計算するので、本問の「パソコンの設置費用 ¥ 10,000 」も購入原価に含めて処理します。

購入原価=購入代価300,000円+付随費用10,000円=310,000円

 事務用文房具に関しては、購入時に「消耗品で資産処理する場合」と「消耗品費で費用処理する場合」がありますが、本問は問題に列挙されている勘定科目の中に消耗品費がある(=消耗品はない)ので、消耗品費で費用処理すると判断します。

解答仕訳
(借)備品 310,000
(借)消耗品費 50,000
 (貸)未払金 350,000
 (貸)当座預金 10,000

 なお、購入した消耗品のうち、決算期末において使っていない分(未費消分)がある場合は、その分だけ消耗品費を消耗品に振替えます。参考までに仕訳をご確認ください。

参考1・決算期末において10,000円の未費消分があった場合の仕訳
(借)消耗品 10,000
 (貸)消耗品費 10,000

参考・購入時に消耗品で資産処理した場合の仕訳

 購入時に消耗品で資産処理した場合、決算期末において期中に使った分(=購入分-期末に使っていない分)を消耗品から消耗品費に振替えます。参考までに仕訳をご確認ください。

参考2・消耗品購入時の仕訳
(借)消耗品 50,000
 (貸)当座預金など 50,000
参考3・決算期末において10,000円の未費消分があった場合の仕訳
(借)消耗品費 40,000
 (貸)消耗品 40,000

消耗品の処理方法まとめ

  • 購入時に消耗品費で費用処理する場合
    • 購入時:消耗品費で処理する(本問で問われている仕訳)
    • 決算時:残っている分を消耗品に振り替える(参考1の仕訳)
  • 購入時に消耗品で資産処理する場合
    • 購入時:消耗品で処理する(参考2の仕訳)
    • 決算時:期中に使った分を消耗品費に振り替える(参考3の仕訳)

 固定資産と消耗品がセットになった問題は、第113回の問3でも出題されているのであわせてご確認ください。



ページの先頭へ