第115回日商簿記検定2級・仕訳類題1(委託販売)

仕訳問題(類題)

 かねて松田商店に販売の委託をし、Z商品20個(原価 @¥ 1,000 、売価 @¥ 2,000 )を積送していたが、本日、そのうち12個を顧客に販売した旨の売上計算書を受け取った。なお、売上計算書には松田商店が立替払いした包装費 ¥ 3,000 と販売手数料 ¥ 7,000 の記載があった。

 当店は、委託販売について、積送品勘定を用いて手許商品と区分して処理する方法によって記帳しており、販売時において積送品売上を手取金額で計上するとともに、そのつど販売した積送品の原価を仕入勘定に振り替える処理を行っている。また、松田商店に対する債権債務は、委託販売勘定を用いて処理する。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
売掛金 仕入 売上 受取手形
繰越商品 未収入金 積送品売上 積送品
委託販売 受託販売 販売費 発送費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
委託販売
仕入
14,000
12,000
積送品売上
積送品
14,000
12,000

解説

 特殊商品売買の委託販売&荷為替手形に関する問題です。このような問題は取引の種類ごとにひとつずつ仕訳を切っていくと分かりやすいのでおすすめです。

 まず、商品を積送したときの仕訳です。問題文に「委託販売について、積送品勘定を用いて手許商品と区分して処理する方法によって記帳」とありますから、仕入勘定を積送品勘定に振り替える仕訳を切ります。

【参考】商品を積送したときの仕訳
(借)積送品 20,000
 (貸)仕入 20,000

 次に、売上計算書を受け取ったときの仕訳です。問題文に「販売時において積送品売上を手取金額で計上するとともに、そのつど販売した積送品の原価を仕入勘定に振り替える処理を行っている」とあるので、手取金額で積送品売上を計上するとともに、積送品の原価を仕入勘定に振り替える仕訳を切ります。

  • 手取金額=総売上金額-諸費用・手数料=@2,000円×12個-3,000円-7,000円=14,000円
  • 積送品原価=@1,000円×12個=12,000円
【解答①】売上計算書を受け取ったときの仕訳
(借)委託販売 14,000
 (貸)積送品売上 14,000
【解答②】積送品勘定から仕入勘定へ振り替える仕訳
(借)仕入 12,000
 (貸)積送品 12,000

最後に、本問では問われていませんが、積送品売上を総額で計上する場合の仕訳も押さえておいてください。上記の②の仕訳は総額でも手取額でも変わりませんが、①の仕訳が変わってきます。

積送品売上を売上総額で計上した場合の【解答①】の仕訳
(借)委託販売 14,000
(借)積送諸掛費 10,000
 (貸)積送品売上 24,000

 特殊商品売買の委託販売に関する問題は、第102回の問1第108回の問2でも出題されています。



簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2019年10月26日(土)の夜(18時~)と10月27日(日)の昼(13時~)から東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。現在参加者募集中です!

 みんなで楽しく気分転換&情報交換しませんか?人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ぜひぜひご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ