第113回日商簿記検定3級・仕訳類題3(固定資産の購入・消耗品・未払金)

仕訳問題(類題)

 近くの電器店からオフィス機器 ¥ 200,000 と事務用消耗品 ¥ 20,000 を購入した。代金のうち ¥ 100,000 は小切手を振り出して支払い、残額は翌月末からの4回払いとした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
当座預金 買掛金 備品 消耗品費
雑費 未払金 仮払金 繰越商品

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品
消耗品費
200,000
20,000
当座預金
未払金
100,000
120,000

解説

 固定資産の購入と消耗品に関する問題です。

 本問はまず、オフィス機器と事務用消耗品をきちんと分類できるかどうかが第一のポイントになります。

  • オフィス機器 ¥ 200,000:備品
  • 事務用消耗品 ¥ 20,000:消耗品

 オフィス機器に関しては備品で処理するだけです。

 事務用消耗品に関しては、購入時に「消耗品で資産処理する場合」と「消耗品費で費用処理する場合」がありますが、本問は問題に列挙されている勘定科目の中に消耗品費がある(=消耗品はない)ので、消耗品費で費用処理すると判断します。

解答仕訳
(借)備品 200,000
(借)消耗品費 20,000
 (貸)当座預金 100,000
 (貸)未払金 120,000

 なお、購入した消耗品のうち、決算期末において使っていない分(未費消分)がある場合は、その分だけ消耗品費を消耗品に振替えます。参考までに仕訳をご確認ください。

参考1・決算期末において5,000円の未費消分があった場合の仕訳
(借)消耗品 5,000
 (貸)消耗品費 5,000

参考・購入時に消耗品で資産処理した場合の仕訳

 購入時に消耗品で資産処理した場合、決算期末において期中に使った分(=購入分-期末に使っていない分)を消耗品から消耗品費に振替えます。参考までに仕訳をご確認ください。

参考2・消耗品購入時の仕訳
(借)消耗品 20,000
 (貸)当座預金など 20,000
参考3・決算期末において5,000円の未費消分があった場合の仕訳
(借)消耗品費 15,000
 (貸)消耗品 15,000

まとめ

  • 購入時に消耗品費で費用処理する場合
    • 購入時:消耗品費で処理する(本問で問われている仕訳)
    • 決算時:残っている分を消耗品に振り替える(参考1の仕訳)
  • 購入時に消耗品で資産処理する場合
    • 購入時:消耗品で処理する(参考2の仕訳)
    • 決算時:期中に使った分を消耗品費に振り替える(参考3の仕訳)

 固定資産の購入に関する問題は、第100回の問5第101回の問4第106回の問1第109回の問3第116回の問2第118回の問2第123回の問3第128回の問5第129回の問2第132回の問3第139回の問2第143回の問4第145回の問4第148回の問4第150回の問1第151回の問3でも出題されています。

 消耗品に関する問題は、第101回の問5第118回の問4第123回の問3第136回の問5第144回の問3第151回の問4でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ