日商簿記2級 予想問題「簿記ナビ模試」第1問(仕訳問題)の解説

第1問 仕訳を制する者が簿記2級を制する!仕訳で20点満点を取りましょう!

 簿記2級の第1問では毎回、仕訳が5問出題されます。

 (試験時間が120分だった)2020年度までの試験の仕訳問題と比べると、全体的に難度が下がって解きやすくなっています。

 簿記検定ナビで無料配布している仕訳対策教材や、市販の仕訳教材・アプリなどを使って万全の対策をしておきましょう。

簿記ナビ模試2級の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
普通 やや簡単 普通 普通 簡単
3分 10分 15分 25分 20分 15分 2分


第1問(仕訳問題)の解説

問1 有価証券の売却

重要度:★★★ 難度:★★☆

模範解答
(借)普通預金 496,000
 (貸)売買目的有価証券 490,000
 (貸)有価証券利息 5,050 ※1
 (貸)有価証券売却益 950 ※2

※1 500,000円×3.65%×101日/365日=5,050円

※2 496,000円-490,000円-5,050円=950円(貸借差額)

 有価証券の売却に関する問題です。

 本問は、取引を【利息の受け取りに関する取引】と【有価証券の売却に関する取引】に分けて考えましょう。

 問題文の「×2年1月9日」「利払日:9月末日と3月末日の年2回」「前回の利払日の翌日から売却日までの期間に相当する金額を日割りで計算する」から、前回の利払日の翌日(10月1日)から売却日(1月9日)までの101日分(31日+30日+31日+9日)の端数利息を計算します。

端数利息=500,000円×3.65%×101日/365日=5,050円

解答①(利息の受け取りに関する仕訳)
(借)普通預金 5,050
 (貸)有価証券利息 5,050

 有価証券を売却した場合、帳簿価額と売却価額との差額を売却損益で処理します。売却価額は「端数利息を含めた金額 ¥ 496,000 」から上で求めた端数利息を差し引いて求めましょう。

  • 帳簿価額:490,000円
  • 売却価額:496,000円-5,050円=490,950円
  • 売却損益:490,950円-490,000円=950円(売却益)

 また、問題文に「売買目的で保有している」とあるので、売買目的有価証券有価証券売却益で処理します。

  • 有価証券の購入時・売却時に使う勘定科目
    • 売買目的:売買目的有価証券
    • 満期保有目的:満期保有目的債券
    • 影響力行使目的:関連会社株式
    • 支配目的:子会社株式
    • 上記のいずれにも該当しない(ex.長期保有目的):その他有価証券
解答②(有価証券の売却に関する仕訳)
(借)普通預金 490,950
 (貸)売買目的有価証券 490,000
 (貸)有価証券売却益 950

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

端数利息の計算期間は「前回の利払日の翌日から売買日まで」が一般的ですが、たまに「前回の利払日の翌日から売買前日まで」というケースもあります。解答時に必ず確認しましょう。

問2 ソフトウェア

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

模範解答
(借)ソフトウェア 1,700,000 ※3
(借)保守費 300,000
 (貸)ソフトウェア仮勘定 2,000,000

※3 2,000,000円-300,000円=1,700,000円(貸借差額)

 ソフトウェアに関する問題です。

 本問は、取引を【ソフトウェア仮勘定に関する取引】と【保守費用に関する取引】に分けて考えましょう。

 問題文の「外部に開発を依頼していた社内利用目的のソフトウェア(開発費用 ¥ 2,000,000 はすでに支払済み)」から、開発費用の全額を前払いしていたことが分かります。

参考:前払時の仕訳
(借)ソフトウェア仮勘定 2,000,000
 (貸)現金など 2,000,000

 上記の仕訳を踏まえたうえで、問題文に「本日から使用を開始したためソフトウェア勘定に振り替えた」とあるので、前払時に計上していたソフトウェア仮勘定ソフトウェアに振り替えます。

解答①(ソフトウェア仮勘定に関する仕訳)
(借)ソフトウェア 2,000,000
 (貸)ソフトウェア仮勘定 2,000,000

 問題文の「開発費用の中に使用開始後にかかるシステム関係の保守費用 ¥ 300,000 が含まれていることが判明した」から、ソフトウェアに振り替えた2,000,000円の中に保守費用が含まれていたことが分かるので、300,000円をさらに保守費に振り替えます。

解答②(保守費用に関する仕訳)
(借)保守費 300,000
 (貸)ソフトウェア 300,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

参考:保守費用の勘定科目

 保守費用を保守費ではなく前払費用長期前払費用で処理するケースも考えられます。参考までに仕訳をご確認ください。

参考:保守費用を前払費用で処理する場合の仕訳
(借)ソフトウェア 1,700,000
(借)前払費用 300,000
 (貸)ソフトウェア仮勘定 2,000,000
参考:保守費用を長期前払費用で処理する場合の仕訳
(借)ソフトウェア 1,700,000
(借)長期前払費用 300,000
 (貸)ソフトウェア仮勘定 2,000,000

問3 未渡小切手

重要度:★★★ 難度:★☆☆

模範解答
(借)当座預金 308,000 ※4
 (貸)未払金 110,000
 (貸)買掛金 198,000

※4 110,000円+198,000円=308,000円(貸借差額)

 未渡小切手に関する問題です。

 小切手を振り出し、支払いが完了したものとして処理していたが、実は小切手を先方に渡しておらず手元に残ったままになっていることがあります。このような小切手を「未渡小切手」といいます。

 未渡小切手の存在が判明した場合、当座預金の減少を取り消す(=当座預金を増加として処理する)とともに、買掛金の未払いに関しては買掛金で、その他の未払いについては未払金で処理します。

 本問は、「広告宣伝費の支払いのために作成した小切手 ¥ 110,000 」と「掛代金の支払いのために作成した小切手 ¥ 198,000 」が未渡しの状態になっているので、以下のように処理します。

  • 広告宣伝費の支払いのために作成した小切手 ¥ 110,000 の未渡し:未払金の増加として処理
  • 掛代金の支払いのために作成した小切手 ¥ 198,000 の未渡し:買掛金の増加として処理
参考:小切手振出時の仕訳
(借)広告宣伝費 110,000
(借)買掛金 198,000
 (貸)当座預金 308,000
解答:決算時の仕訳
(借)当座預金 308,000
 (貸)未払金 110,000
 (貸)買掛金 198,000
管理人

未渡小切手は「買掛金の未払いに関するもの」と「それ以外の未払いに関するもの」にきちんと分類できるかどうかがカギになります。分類のルールをしっかり押さえておきましょう。

問4 固定資産の修繕

重要度:★★★ 難度:★☆☆

模範解答
(借)建物 1,200,000 ※5
(借)修繕引当金 1,500,000
(借)修繕費 300,000 ※6
 (貸)普通預金 3,000,000

※5 3,000,000円×40%=1,200,000円

※6 3,000,000円-1,200,000円-1,500,000円=300,000円(貸借差額)

 固定資産の修繕に関する問題です。

 本問は、取引を【資本的支出(改良)に関する取引】と【収益的支出(修繕)に関する取引】に分けて考えましょう。

 問題文の「工事代金の40%は建物の耐震機能を向上させる効果があるものと認められた」から、工事代金の40%が資本的支出、残りの60%が収益的支出に分類されることが分かります。

  • 資本的支出(耐用年数を延長させたり、その価値を高めるような支出):固定資産の増加として処理
  • 収益的支出(定期修繕など固定資産の諸機能を維持するための支出):修繕費修繕引当金で処理
  • 資本的支出=3,000,000円×40%=1,200,000円
  • 収益的支出=3,000,000円-1,200,000円=1,800,000円

 よって、工事代金のうちの1,200,000円は建物の増加として処理します。

解答①(資本的支出に関する仕訳)
(借)建物 1,200,000
 (貸)普通預金 1,200,000

 上述のとおり、工事代金の残額1,800,000円は収益的支出に分類されます。

 また、問題文に「修繕引当金の残高は ¥ 1,500,000 である」とあるので、1,800,000円のうちの1,500,000円は修繕引当金を取り崩して処理し、残りの300,000円(=1,800,000円-1,500,000円)は修繕費で処理します。

解答②(収益的支出に関する仕訳)
(借)修繕引当金 1,500,000
(借)修繕費 300,000
 (貸)普通預金 1,800,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

固定資産の改良と修繕は、工事代金を「資本的支出」と「収益的支出」に分類したうえで仕訳を考えましょう。

問5 本支店会計

重要度:★★☆ 難度:★★☆

模範解答
(借)損益 180,000
 (貸)支店 180,000

 本支店会計に関する問題です。

 本問は、支店の当期純損失の振り替えにかかる本店の仕訳が問われています。

 問題文に「本店は支店から「当期純損失 ¥ 180,000 を計上した」との報告を受けた」とあるので、支店は(支店の)損益勘定で計算した当期純損失180,000円を本店勘定に振り替えるとともに、本店は支店の当期純損失180,000円を支店勘定を経由して(本店の)損益勘定に受け入れます。

参考:支店の仕訳
(借)本店 180,000
 (貸)損益 180,000
解答:本店の仕訳
(借)損益 180,000
 (貸)支店 180,000

 上記の説明で理解できる方は、以下の解説を読む必要はありません。うまく理解できない方は、決算振替の流れを順番に確認してみましょう。

ステップ1:収益・費用の振り替え

 本支店会計では、決算振替において本店・支店がそれぞれの諸収益・諸費用を損益勘定に振り替えて当期純利益(または純損失)を計算します。

 実際に金額を入れたほうが分かりやすいので、仮に本店の諸収益を1,000、諸費用を400、支店の諸収益を600、諸費用を800として、本店と支店の仕訳を考えてみましょう。

参考:本店の仕訳
(借)諸収益 1,000
 (貸)損益 1,000
(借)損益 400
 (貸)諸費用 400
参考:支店の仕訳
(借)諸収益 600
 (貸)損益 600
(借)損益 800
 (貸)諸費用 800

 この時点の本店の損益勘定は600の貸方残、支店の損益勘定は200の借方残になります。なお、この借方残・貸方残は当期純利益(または純損失)の金額と一致します。

  • 本店の当期純利益:1,000-400=600
  • 支店の当期純損失:600-800=▲200

ステップ2:支店の純損失の振り替え

 支店は(支店の)損益勘定で計算した当期純損失200を本店勘定に振り替えるとともに、本店は支店の当期純損失200を支店勘定を経由して(本店の)損益勘定に受け入れます。

参考:支店の仕訳
(借)本店 200
 (貸)損益 200
参考:本店の仕訳
(借)損益 200
 (貸)支店 200

 この時点の本店の損益勘定は400の貸方残になりますが、これは本店の当期純利益600と支店の当期純損失200を合計した金額と一致します。

ステップ3:会社全体の純利益の振り替え

 最後に、本店の損益勘定の貸方残400を繰越利益剰余金勘定に振り替えます。

参考:本店の仕訳
(借)損益 400
 (貸)繰越利益剰余金 400
管理人

本支店会計の損益の振り替えは、本店の損益勘定ではなく総合損益勘定を使うケースもあります。



簿記2級の仕訳問題に関するQ&A

自分の解答と模範解答の勘定科目の上下が逆になっていました。不正解になりますか?
 仕訳は上下が逆になっていても正解です。

 問2の模範解答では借方が「ウ・カ」の順番に並んでいますが、「カ・ウ」の順番で解答しても構いません。その他の問題も同様です。
借方科目・貸方科目を記号ではなく勘定科目で解答した場合、部分点はもらえますか?
 部分点はもらえません。

 借方科目・貸方科目を記号ではなく勘定科目そのもので解答した場合、金額があっていても不正解になります。

 ネット試験はプルダウン形式の選択肢の中から最も適当な勘定科目を選ぶ形になるため心配はいりませんが、筆記試験は借方科目・貸方科目を自分で書く形になるため注意が必要です。
金額にカンマ(コンマ)を付けないと不正解になりますか?
 不正解にはなりません。

■日商簿記:カンマを付けなくても採点してもらえる
■全経簿記:カンマがないと採点してもらえない(※不正解扱い)

 ただ、実務においてカンマを付けるのは当たり前のことですし、省略したからといって解答時間の短縮にはなりません。むしろ、見直しの時に見にくいだけです。

 このようにカンマを付けないデメリットはあってもメリットはありませんので、金額には必ずカンマを付けましょう。

 なお、ネット試験は3桁ごとに自動的にカンマが挿入される仕組みになっているため、カンマを入力する必要はありません。

ページの先頭へ