簿記3級 重要仕訳TOP100 法人税等(決算処理)

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 決算において、税引前当期純利益 ¥ 1,500,000 の40%を法人税等に計上した。なお、当社はすでに ¥ 250,000 を中間納付しており、仮払法人税等で処理している。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 仮払消費税
仮払法人税等 仮受消費税 未払消費税 未払法人税等
繰越利益剰余金 租税公課 法人税等 損益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
法人税等 600,000 ※1 仮払法人税等
未払法人税等
250,000
350,000

※2

※1 1,500,000円×40%=600,000円

※2 600,000円-250,000円=350,000円(貸借差額)

解説

 法人税等(決算処理)に関する問題です。

 本問は、取引を【中間納付に関する取引】【未払分に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 本問はまず、問題文の「税引前当期純利益 ¥ 1,500,000 の40%を法人税等に計上した」から、当期の法人税等の金額を計算しましょう。

法人税等の金額:1,500,000円×40%=600,000円

 また、問題文の「当社はすでに ¥ 250,000 を中間納付しており、仮払法人税等で処理している」から、法人税等を中間納付していることが分かるので、決算において仮払法人税等法人税等に振り替えます。

解答①(中間納付に関する取引)
(借)法人税等 250,000
 (貸)仮払法人税等 250,000

 当期の法人税等600,000円のうち、250,000円は仮払法人税等を振り替えて処理したので、残りの350,000円(=600,000円-250,000円)を未払法人税等で処理します。

解答②(未払分に関する取引)
(借)法人税等 350,000
 (貸)未払法人税等 350,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

 なお、法人税等(決算処理)に関する問題は、以下のような手順で簡単に処理することもできます。参考までに解答手順をご確認ください。

  • 解答手順
    1. 当期の法人税等の金額を計算し、借方に「法人税等」を計上する。
    2. 中間納付の有無を確認し、もしあれば貸方に「仮払法人税等」を計上する。
    3. 貸借差額を計算し、貸方に「未払法人税等」を計上する。
  • 本問の場合
    1. 借方に「法人税等 600,000円」を計上する。
      • 当期の法人税等:1,500,000円×40%=600,000円
    2. 貸方に「仮払法人税等 250,000円」を計上する。
    3. 貸方に「未払法人税等 350,000円」を計上する。
      • 貸借差額:600,000円-250,000円=350,000円
管理人

未払法人税等を納付した時の仕訳は、法人税等(確定申告による納付)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 仕入取引(全9問)
  2. 売上取引(全11問)
  3. 売上債権・仕入債務(全11問)
  4. 現金・預金(全12問)
  5. 金銭の貸借(全8問)
  6. 仮受・仮払・前受・前払(全7問)
  7. 固定資産(全11問)
  8. 商品券(全2問)
  9. 消耗品・貯蔵品(全4問)
  1. 資本取引(全3問)
  2. 決算振替仕訳(全3問)
  3. その他(全8問)

ページの先頭へ