簿記2級 重要仕訳TOP100 企業買収

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 当期首において、桜庭商会を現金 ¥ 1,200,000 で買収した。買収時の桜庭商会の資産および負債は、売掛金 ¥ 900,000、商品 ¥ 800,000、借入金 ¥ 400,000 であった。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 売掛金 商品
のれん 長期借入金 資本金 資本準備金
繰越利益剰余金 売上 負ののれん発生益 損益

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金
商品
900,000
800,000
長期借入金
現金
負ののれん発生益
400,000
1,200,000
100,000


※1

※1 900,000円+800,000円-400,000円-1,200,000円=100,000円(貸借差額)

解説

 企業買収に関する問題です。

 本問はまず、問題文の「買収時の桜庭商会の資産および負債は、売掛金 ¥ 900,000、商品 ¥ 800,000、借入金 ¥ 400,000 であった」から、被買収会社(桜庭商会)の資産・負債の金額が分かるのでそのまま引き継ぎます。

 なお、商品に関しては「仕入で処理する場合(三分法を採用している場合)」と「商品で処理する場合(分記法や売上原価対立法を採用している場合)」の2パターンがあります。

 本問の買収会社の記帳方法は不明ですが、問題に列挙されている勘定科目の中に商品がある(仕入はない)ので、引き継ぐ商品を商品で処理すると判断します。

 また、借入金に関しても、問題に列挙されている勘定科目の中に長期借入金がある(借入金はない)ので、長期借入金で処理すると判断します。

参考:資産と負債を引き継ぐ仕訳
(借)売掛金 900,000
(借)商品 800,000
 (貸)長期借入金 400,000

 上記の仕訳を踏まえたうえで、問題文の「桜庭商会を現金 ¥ 1,200,000 で買収した」から、買収の対価として現金を支払ったことが分かるので、現金の減少として処理するとともに、貸借差額を負ののれん発生益で処理します。

  • 買収の対価:1,200,000円
  • 引き継ぐ純資産:900,000円+800,000円-400,000円=1,300,000円
  • 差額:1,300,000円-1,200,000円=100,000円(負ののれん発生益)
解答:企業買収に関する仕訳
(借)売掛金 900,000
(借)商品 800,000
 (貸)長期借入金 400,000
 (貸)現金 1,200,000
 (貸)負ののれん発生益 100,000

参考:企業買収の基本ルール

 他の企業の全部または一部の事業を買収する場合、被買収会社(買収される会社)の資産・負債を公正な価値(時価が分かる場合は時価)で引き継ぎ、その対価として現金などを支払います。

 また、引き継ぐ純資産(資産-負債)と買収の対価として支払った金額が異なる場合は、差額をのれん(無形固定資産)または負ののれん発生益(収益)で処理します。

  • 引き継ぐ純資産よりも対価として支払った金額のほうが大きい場合:借方にのれんを計上
  • 引き継ぐ純資産よりも対価として支払った金額のほうが小さい場合:貸方に負ののれん発生益を計上
管理人

企業合併に関する仕訳は、企業合併で出題しています。本問とあわせてご確認ください。



Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 商品売買(全14問)
  2. 債権・債務(全13問)
  3. 外貨建取引(全4問)
  4. 有価証券(全9問)
  5. 固定資産(全22問)
  6. リース取引(全6問)
  7. 社会保険・税金(全11問)
  8. 純資産(全11問)
  9. 本支店会計(全4問)

ページの先頭へ