簿記2級 重要仕訳TOP100 固定資産の取得(建設仮勘定)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 事務所の増設工事(工事代金 ¥ 10,000,000 は工事完成前に全額支払い済み)が完成したため、工事の明細(建物:¥ 8,000,000、構築物:¥ 1,500,000、修繕費:¥ 500,000 )に従って勘定科目の振り替えを行う。なお、修繕引当金の残高は ¥ 600,000 である。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 前払金
建物 構築物 建設仮勘定 未払金
修繕引当金 減価償却累計額 減価償却費 修繕費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
建物
構築物
修繕引当金
8,000,000
1,500,000
500,000
建設仮勘定 10,000,000

解説

 固定資産の取得(建設仮勘定)に関する問題です。

 問題文の「事務所の増設工事(工事代金 ¥ 10,000,000 は工事完成前に全額支払い済み)」から、工事代金の全額を前払いしていたことが分かります。

参考:前払時の仕訳
(借)建設仮勘定 10,000,000
 (貸)現金など 10,000,000

 上記の仕訳を踏まえたうえで、問題文に「事務所の増設工事が完成したため、工事の明細(建物:¥ 8,000,000、構築物:¥ 1,500,000、修繕費:¥ 500,000 )に従って勘定科目の振り替えを行う」とあるので、前払時に計上していた建設仮勘定を適切な勘定科目に振り替えます。

 修繕費に関しては、問題文に「修繕引当金の残高は ¥ 600,000 である」とあるので、修繕引当金を取り崩して処理しましょう。

解答:完成時の仕訳
(借)建物 8,000,000
(借)構築物 1,500,000
(借)修繕引当金 500,000
 (貸)建設仮勘定 10,000,000

参考:修繕引当金<修繕費の場合

 修繕引当金よりも修繕費のほうが大きい場合は、修繕引当金の全額を取り崩したうえで、不足分を修繕費で処理します。参考までに仕訳をご確認ください。

参考:修繕引当金の残高が400,000円だった場合の仕訳
(借)建物 8,000,000
(借)構築物 1,500,000
(借)修繕引当金 400,000
(借)修繕費 100,000
 (貸)建設仮勘定 10,000,000
管理人

構築物とは、土地の上に造られた建物・建築附属設備以外の築造物などを資産計上するさいに使う勘定科目です。

例えば、アスファルトで舗装された道路や鉄道の枕木、トンネル、飼育場など様々な資産を構築物で処理しますが、試験対策として細かい分類を覚える必要はありません。



Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 商品売買(全14問)
  2. 債権・債務(全13問)
  3. 外貨建取引(全4問)
  4. 有価証券(全9問)
  1. リース取引(全6問)
  2. 社会保険・税金(全11問)
  3. 純資産(全11問)
  4. 本支店会計(全4問)
  5. その他(全6問)

ページの先頭へ