簿記2級 重要仕訳TOP100 売掛金の譲渡

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 湊商店に対する売掛金 ¥ 420,000 を湊商店の承諾を得て貴志商店に譲渡し、貴志商店振り出しの小切手 ¥ 400,000 を受け取った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 電子記録債権 支払手形 買掛金
電子記録債務 手形売却損 電子記録債権売却損 債権売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金
債権売却損
400,000
20,000

※1
売掛金 420,000

※1 420,000円-400,000円=20,000円(貸借差額)

解説

 売掛金の譲渡に関する問題です。

 電子記録債権や受取手形だけでなく、売掛金や貸付金などの債権も(債務者の承諾を得るなどの条件を満たせば)第三者に譲渡することができます。

 本問の場合、420,000円の売掛金を譲渡して400,000円の小切手を受け取っているので、差額の20,000円(=420,000円-400,000円)を債権売却損で処理します。

 また、問題文の「貴志商店振り出しの小切手 ¥ 400,000 を受け取った」から、他人振出小切手を受け取ったことが分かるため、現金の増加として処理します。

 小切手受取時の処理方法については以下の3つのパターンがあります。2級よりも3級でよく問われる論点ですが、この機会に改めて確認しておきましょう。

  • 他人振出小切手を受け取った場合:現金の増加
  • 他人振出小切手をただちに普通(当座)預金に預け入れた場合:普通(当座)預金の増加
  • 自己振出小切手を受け取った場合:当座預金の増加
管理人

電子記録債権の譲渡に関する仕訳は、電子記録債権(譲渡)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。



Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 商品売買(全14問)
  1. 外貨建取引(全4問)
  2. 有価証券(全9問)
  3. 固定資産(全22問)
  4. リース取引(全6問)
  5. 社会保険・税金(全11問)
  6. 純資産(全11問)
  7. 本支店会計(全4問)
  8. その他(全6問)

ページの先頭へ