簿記2級 重要仕訳TOP100 電子記録債権(譲渡)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 所有する電子記録債権のうち ¥ 200,000 を原田商店に売却し、譲渡記録を行った。なお、売却代金 ¥ 190,000 は以前に当社が振り出した小切手を受け取った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 電子記録債権 支払手形 買掛金
電子記録債務 売上 仕入 電子記録債権売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金
電子記録債権売却損
190,000
10,000

※1
電子記録債権 200,000

※1 200,000円-190,000円=10,000円(貸借差額)

解説

 電子記録債権(譲渡)に関する問題です。

 電子記録債権は支払期日前であっても、譲渡や割引きによって現金化することができます。仕訳の考え方は「手形の裏書き・割引き」と同じです。

 本問の場合、200,000円の電子記録債権を売却して売却代金190,000円を受け取っているので、差額の10,000円(=200,000円-190,000円)を電子記録債権売却損で処理します。

 また、問題文の「売却代金 ¥ 190,000 は以前に当社が振り出した小切手を受け取った」から、以前に振り出した小切手(自己振出小切手)を回収したことが分かります。

 この小切手の回収により小切手に記載されている代金の支払義務が消滅するため、当座預金の減少の取り消し(=当座預金の増加)として処理します。うっかり現金で処理しないように気をつけましょう。

 なお、小切手受取時の処理方法については以下の3つのパターンがあります。2級よりも3級でよく問われる論点ですが、この機会に改めて確認しておきましょう。

  • 他人振出小切手を受け取った場合:現金の増加
  • 他人振出小切手をただちに普通(当座)預金に預け入れた場合:普通(当座)預金の増加
  • 自己振出小切手を受け取った場合:当座預金の増加
管理人

電子記録債権や受取手形だけでなく、売掛金や貸付金などの債権も(債務者の承諾を得るなどの条件を満たせば)第三者に譲渡することができます。

売掛金の譲渡に関する仕訳は、売掛金の譲渡で出題しています。本問とあわせてご確認ください。



Q&A

 本問の内容に関する疑問・質問は、サイト内のメール送信フォームからお気軽にお問い合わせください。こちらの欄にて回答いたします。

重要仕訳一覧

  1. 商品売買(全14問)
  1. 外貨建取引(全4問)
  2. 有価証券(全9問)
  3. 固定資産(全22問)
  4. リース取引(全6問)
  5. 社会保険・税金(全11問)
  6. 純資産(全11問)
  7. 本支店会計(全4問)
  8. その他(全6問)

ページの先頭へ