第154回日商簿記検定3級・仕訳類題3(仮払金)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 従業員が事業用のICカードを使って発送費 ¥ 2,000 および雑費 ¥ 1,500 を支払った。なお、ICカードへの入金時(チャージ時)には仮払金勘定の増加として処理している。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
前払金 仮払金 仮受金 雑益
発送費 旅費交通費 雑費 雑損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
発送費
雑費
2,000
1,500
仮払金 3,500 ※1

※1 2,000円+1,500円=3,500円(貸借差額)

解説

 仮払金に関する問題です。

 問題文に「入金時(チャージ時)には仮払金勘定の増加として処理している」とあるので、まず入金時の仕訳を考えましょう。

参考:入金時の仕訳
(借)仮払金 *****
 (貸)現金など *****

 上記の仕訳を踏まえたうえで、ICカードの使用時には(入金時に借方に計上した)仮払金を適切な勘定科目(発送費および雑費)に振り替えます。

管理人

例えば、スイカやパスモなどの交通系のICカードは、乗車券の購入だけでなくいろんなものの支払いに使うことができますよね。



ページの先頭へ