第154回日商簿記検定3級・仕訳類題2(売上取引・消費税・受取商品券)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★☆☆

 得意先藤波商店に商品 ¥ 50,000 を売り上げ、消費税 ¥ 5,000 を含めた合計額のうち ¥ 30,000 は全国共通商品券で受け取り、残額は掛けとした。なお、消費税は税抜方式で記帳している。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
受取商品券 仮払消費税 買掛金 仮受消費税
未払消費税 売上 仕入 租税公課

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取商品券
売掛金
30,000
25,000

※1
売上
仮受消費税
50,000
5,000

※1 50,000円+5,000円-30,000円=25,000円(貸借差額)

解説

 売上取引・消費税・受取商品券に関する問題です。

 売上の対価として30,000円の商品券を受け取り、残額は掛けとしているので、受取商品券の増加および売掛金の増加として処理します。

 また、消費税については「税抜方式」で処理する旨の指示があるため、売上に含めずに仮受消費税で処理しましょう。

  • 税抜方式:消費税分を仮払消費税または仮受消費税で処理する
  • 税込方式:消費税分を仕入や売上などに含めて処理する(※簿記2級で学習します)
管理人

受け取った商品券は後日、精算(換金請求)します。精算時の処理は簿記3級 重要仕訳TOP100 商品券の換金請求ページでご確認ください。



ページの先頭へ