第154回日商簿記検定3級・仕訳類題1(手形取引)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 仕入先長州商店に対する買掛金 ¥ 400,000 のうち ¥ 300,000 は長州商店あての約束手形を振り出し、残額は小切手を振り出して支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 前払金 支払手形 買掛金
前受金 未払金 売上 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 400,000 支払手形
当座預金
300,000
100,000

※1

※1 400,000円-300,000円=100,000円(貸借差額)

解説

 手形取引に関する問題です。

 買掛金を決済するために約束手形と小切手を振り出しているので、支払手形の増加および当座預金の減少として処理します。

管理人

簡単な問題です。ケアレスミスに気をつけて解答しましょう。



ページの先頭へ