第153回日商簿記検定3級・仕訳類題4(借入金の返済)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 取引銀行から借り入れていた ¥ 3,000,000 の支払期日が到来したため、元金を普通預金口座から返済した。なお、借入金にかかる利息(利率:年1.46%、借入期間:180日、計算方法:1年を365日とする日割計算)は借入時に元金から差し引かれている。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 前払利息
未収利息 貸付金 前受利息 未払利息
借入金 受取利息 支払手数料 支払利息

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
借入金 3,000,000 普通預金 3,000,000

解説

 借入金の返済に関する問題です。

 問題文の「取引銀行から借り入れていた ¥ 3,000,000 の支払期日が到来したため、元金を普通預金口座から返済した」から、返済時の元金の処理のみが問われていることが分かるので、借入金の減少および普通預金の減少として処理します。

解答:返済時の仕訳
(借)借入金 3,000,000
 (貸)普通預金 3,000,000

参考1:本取引の借入時の仕訳

 問題文の「借入金にかかる利息…は借入時に元金から差し引かれている」から、借り入れにかかる利息を借入時に支払っていることが分かります。

 借入期間にかかる利息を日割りで計算して支払利息で処理します。

支払利息:3,000,000円×1.46%×180日/365日=21,600円

参考:借入時の仕訳
(借)現金など 2,978,400
(借)支払利息 21,600
 (貸)借入金 3,000,000

参考2:利息を返済時に支払う場合の借入時・返済時の仕訳

 借入時には元金の処理のみを行い、返済時に元利合計(元金+借入期間にかかる利息)を適切に処理します。なお、支払利息の金額は「借入時に支払う場合」も「返済時に支払う場合」も同額です。

参考:借入時の仕訳
(借)現金など 3,000,000
 (貸)借入金 3,000,000
参考:返済時の仕訳
(借)借入金 3,000,000
(借)支払利息 21,600
 (貸)現金など 3,021,600

 借入金の返済に関する問題は、第131回の問3第140回の問5第148回の問5第151回の問5でも出題されています。あわせてご確認ください。

管理人

借入金に関する仕訳は、利息を払うタイミング(借入時or返済時)によって異なります。貸付金も同様に、利息を受け取るタイミング(貸付時or返済時)により仕訳が異なります。



ページの先頭へ