第153回日商簿記検定2級・仕訳類題1(研究開発費)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 特定の研究開発の目的で機械装置 ¥ 800,000 と備品 ¥ 400,000 を購入し、代金は配送料 ¥ 20,000 とともに現金で支払うとともに、この研究のために外部から招聘した研究員に対する今月分の給料 ¥ 1,000,000 を当社の当座預金口座から研究員個人の普通預金口座に振り込んだ。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 機械装置
備品 仕入 給料 支払運賃
支払手数料 消耗品費 研究開発費 減価償却費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
研究開発費 2,220,000 ※2 現金
当座預金
1,220,000
1,000,000
※1

※1 800,000円+400,000円+20,000円=1,220,000円

※2 1,220,000円+1,000,000円=2,220,000円(貸借差額)

解説

 研究開発費に関する問題です。

 研究開発に関する費用は、その種類に関係なく全額を研究開発費で処理します。

 本問の場合、研究開発用の機械装置・備品の購入代金およびその配送料、研究員の今月分の給料の全額を研究開発費に計上します。

研究開発費=800,000円+400,000円+20,000円+1,000,000円=2,220,000円

 研究開発費に関する問題は、第101回の問5第136回の問3第141回の問4第142回の問2第146回の問2でも出題されています。あわせてご確認ください。

管理人

本問にかぎらず、問題資料に「研究開発~」という文言があれば、その研究にかかるコストはすべて研究開発費で費用処理します。

ページの先頭へ