第152回日商簿記検定3級・仕訳類題3(旅費交通費)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★★☆

 従業員が出張から帰ってきたため、旅費に関する報告を受けたところ、出張に先立って渡していた ¥ 100,000 では足りず、不足額 ¥ 50,000 を従業員が立て替え払いしていたことが判明したため、領収書と引き換えに現金で精算した。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 立替金
前払金 未収入金 仮払金 前受金
未払金 仮受金 預り金 旅費交通費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
旅費交通費 150,000 ※1 仮払金
現金
100,000
50,000

※1 100,000円+50,000円=150,000円(貸借差額)

解説

 旅費交通費に関する問題です。

 問題文の「出張に先立って渡していた ¥ 100,000 では足りず」から、旅費の概算額を従業員に手渡したさいに以下のような仕訳を切っていたことが分かります。

参考:概算額を手渡した時の仕訳
(借)仮払金 100,000
 (貸)現金 100,000

 上記の仕訳を踏まえたうえで、問題文に「不足額 ¥ 50,000 を従業員が立て替え払いしていたことが判明したため…現金で精算した」とあるので、概算額(100,000円)を仮払金から旅費交通費に振り替えるとともに、従業員が立て替えていた不足分(50,000円)を旅費交通費で処理します。

解答:精算時の仕訳
(借)旅費交通費 100,000
 (貸)仮払金 100,000
(借)旅費交通費 50,000
 (貸)現金 50,000

 旅費交通費に関する問題は、第140回の問2第151回の問4第156回の問5でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ