第147回日商簿記検定2級・仕訳類題4(リース取引)

仕訳問題(類題)

重要度:★★★ 難度:★★☆

 リース会社と機械のリース契約(リース料:月額 ¥ 100,000、リース資産の見積現金購入価額:¥ 5,400,000、リース期間:5年)を締結し、機械が納品され、同時に第1回のリース料 ¥ 100,000 を小切手を振り出して支払った。このリース取引は、ファイナンス・リース取引であったため、利子抜き法により処理することとした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
当座預金 リース資産 前払費用 租税公課
未収入金 支払手数料 機械装置 未払金
普通預金 現金 リース債務 支払利息

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
リース資産
リース債務
支払利息
5,400,000
90,000
10,000

※2
※1
リース債務
当座預金
5,400,000
100,000

※1 (@100,000円×60か月-5,400,000円)÷60か月=10,000円

※2 100,000円-10,000円=90,000円

または

別解
借方科目 金額 貸方科目 金額
リース資産
支払利息
5,400,000
10,000

※4
リース債務
当座預金
5,310,000
100,000
※3

※3 5,400,000円-90,000円=5,310,000円

※4 (@100,000円×60か月-5,400,000円)÷60か月=10,000円

解説

 リース取引に関する問題です。

 本問はまず、問題文の「利子抜き法により処理する」から、リース資産に計上するのは利息相当額を含まない見積現金購入価額(5,400,000円)であることが分かります。

  • 利子込み法の計上額:リース料総額(見積現金購入価額+利息相当額)
  • 利子抜き法の計上額:見積現金購入価額
解答①・リース取引開始時の仕訳
(借)リース資産 5,400,000
 (貸)リース債務 5,400,000

 次に、第1回目のリース料の支払いの仕訳を考えます。

 本問では利子抜き法の処理が問われているため、1か月分の支払利息・リース債務を計算して借方に計上しましょう。

  • リース料総額:@100,000円×60か月=6,000,000円
  • 見積現金購入価額:5,400,000円
  • 利息相当額:6,000,000円-5,400,000円=600,000円
  • 1か月あたりの利息:600,000円÷60か月=@10,000円
  • リース債務計上額:5,400,000円
  • 1か月あたりのリース債務:5,400,000円÷60か月=@90,000円
解答②・リース料支払時の仕訳
(借)支払利息 10,000
(借)リース債務 90,000
 (貸)当座預金 100,000

 以上、①②をまとめると解答仕訳になります。

 なお、各社が公表した模範解答は「リース債務を貸方にのみ計上する仕訳(模範解答1)」と「リース債務を借方と貸方に計上する仕訳(模範解答2)」の2つに割れており、しかもそれぞれが「別解なし」となっています。

 問題文に「同時に」という文言があるため、作問者が「模範解答1」だけを正解としている可能性もありますが、この問題で「模範解答2」を不正解にするのは厳しすぎると思います。

 よって、簿記検定ナビでは両方の仕訳を模範解答としてご紹介しています。

処理方法が利子込み法だったら仕訳はどうなる?

 リース取引開始時にはリース料総額(6,000,000円)をリース資産に計上し、リース料支払時には支払った分(100,000円)だけリース債務を減額します。

 なお、利息分はリース債務に含まれているためリース料支払時には支払利息を計上しません。利子抜き法との違いをきちんと押さえておきましょう。

参考・リース取引開始時の仕訳
(借)リース資産 6,000,000
 (貸)リース債務 6,000,000
参考・リース料支払時の仕訳
(借)リース債務 100,000
 (貸)当座預金 100,000

 リース取引に関する問題は、第147回の問4第154回の問1でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ