第136回日商簿記検定2級・仕訳類題5(株式申込証拠金)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 1株につき ¥ 5,000 で発行することとした新株1,000株の募集を行い、申込期日までにその全額が申込証拠金として別段預金に払い込まれていたが、本日、申込期日が到来したので、その払込額を資本金に振り替え、かつ別段預金は当座預金へ振り替えた。なお、資本金への振り替えは、会社法で認められている最低額を計上することとした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 別段預金 新株式申込証拠金
資本金 繰越利益剰余金 資本準備金 その他資本剰余金
未収入金 未払金 支払手数料 受取手数料

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
新株式申込証拠金

当座預金
5,000,000

5,000,000
※1

※1
資本金
資本準備金
別段預金
2,500,000
2,500,000
5,000,000
※2
※2

※1 @5,000円×1,000株=5,000,000円

※2 5,000,000円÷2=2,500,000円

解説

 株式申込証拠金に関する問題です。

 株式引受人から受け取った払込金は、(新)株式申込証拠金として別段預金に預け入れます。あえて別段預金を使うのは、一時的に預かっている状態の「払込金」と、自由に使える「各種預金」とを区別するためです。

参考・申込証拠金の受取時の仕訳
(借)別段預金 5,000,000
 (貸)新株式申込証拠金 5,000,000

 上記の仕訳を踏まえたうえで、本問で問われている払込期日の仕訳を考えましょう。

 まず、問題文の「その払込額を資本金に振り替え」「資本金への振り替えは、会社法で認められている最低額を計上する」という指示に従って、新株式申込証拠金を資本金と資本準備金に2分の1ずつ振り替えます。

  • 会社法規定の原則額を資本金に組み入れる場合:全額を資本金に振り替える(会社法第445条1項)
  • 会社法規定の最低額を資本金に組み入れる場合:資本金と資本準備金に2分の1ずつ振り替える(会社法第445条2項)
①新株式申込証拠金を資本金・資本準備金に振り替える仕訳
(借)新株式申込証拠金 5,000,000
 (貸)資本金 2,500,000
 (貸)資本準備金 2,500,000

 次に、問題文の「別段預金は当座預金へ振り替えた」という指示に従って、別段預金を当座預金に振り替えます。

②別段預金を当座預金に振り替える仕訳
(借)当座預金 5,000,000
 (貸)別段預金 5,000,000

 以上、①②をまとめると解答仕訳になります。

 株式申込証拠金に関する問題は、第101回の問4第108回の問4第112回の問1第128回の問2第149回の問4第156回の問5でも出題されています。あわせてご確認ください。



ページの先頭へ