第119回日商簿記検定3級・仕訳類題4(仮払金)

仕訳問題(類題)

重要度:★★☆ 難度:★☆☆

 従業員が出張から戻ったので、旅費の精算を行い、残金 ¥ 20,000 を現金で受け取り、直ちに当座預金に預け入れた。なお、従業員に対しては、出張に当たり、旅費の概算額 ¥ 100,000 を手渡していた。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
当座預金 前払金 立替金 仮払金
預り金 仮受金 給料 旅費交通費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金
旅費交通費
20,000
80,000

※1
仮払金 100,000

※1 100,000円-20,000円=80,000円(貸借差額)

解説

 仮払金に関する問題です。

 解答にあたっては、まず仮払時の仕訳をイメージしましょう。

参考・仮払時の仕訳
(借)仮払金 100,000
 (貸)現金など 100,000

 上記の仕訳を踏まえたうえで、仮払金100,000円のうち20,000円は現金で戻ってきたので現金で処理し、残りの80,000円(=100,000円-20,000円)を旅費交通費で処理します。

解答仕訳
(借)現金 20,000
(借)旅費交通費 80,000
 (貸)仮払金 100,000

仮に旅費が120,000円だった場合は?

 旅費の実際発生額が仮払時の概算額よりも多かった場合、従業員が不足分を立て替えた形になります。

 よって、旅費が120,000円だった場合は、不足分20,000円(=120,000円-100,000円)を従業員に支払って精算します。

参考・実際発生額>概算額の場合の仕訳
(借)旅費交通費 120,000
 (貸)仮払金 100,000
 (貸)現金 20,000

 仮払金に関する問題は、第100回の問4第110回の問3第115回の問5第124回の問4第129回の問4第146回の問5でも出題されています。あわせてご確認ください。

ページの先頭へ