第157回日商簿記3級 難易度アンケート

 第157回日商簿記3級を受験された皆様、お疲れ様でした。簿記検定ナビでは難易度アンケートを実施しておりますので、ぜひご協力いただければ幸いです。

 アンケートは各問題ごとに分かれており、投票せずに結果だけ見ることも可能です。結果だけご覧になりたい方は、投票ボタンの下の「結果を見る」をクリックまたはタップしてください。

 なお、試験の感想や質問はページの一番下のコメント欄に気軽に書き込んでください。ひとことでも長文でも構いません。受験生の皆様のコメントをお待ちしております。

第1問(仕訳問題)の難易度は?

  • かなり簡単だった 188票・49% )
  • やや簡単だった 120票・31% )
  • 普通ぐらいだった 52票・14% )
  • やや難しかった 11票・3% )
  • かなり難しかった 14票・4% )

総投票数: 385

Loading ... Loading ...

第2問(帳簿記入)の難易度は?

  • かなり簡単だった 218票・66% )
  • やや簡単だった 54票・16% )
  • 普通ぐらいだった 25票・8% )
  • やや難しかった 13票・4% )
  • かなり難しかった 19票・6% )

総投票数: 329

Loading ... Loading ...

第3問(合計試算表)の難易度は?

  • かなり簡単だった 167票・46% )
  • やや簡単だった 113票・31% )
  • 普通ぐらいだった 60票・17% )
  • やや難しかった 7票・2% )
  • かなり難しかった 13票・4% )

総投票数: 360

Loading ... Loading ...

第4問(語句記入)の難易度は?

  • かなり簡単だった 142票・39% )
  • やや簡単だった 77票・21% )
  • 普通ぐらいだった 80票・22% )
  • やや難しかった 45票・12% )
  • かなり難しかった 18票・5% )

総投票数: 362

Loading ... Loading ...

第5問(決算整理後残高試算表)の難易度は?

  • かなり簡単だった 168票・46% )
  • やや簡単だった 109票・30% )
  • 普通ぐらいだった 55票・15% )
  • やや難しかった 19票・5% )
  • かなり難しかった 12票・3% )

総投票数: 363

Loading ... Loading ...

全体の難易度は?

  • かなり簡単だった 209票・55% )
  • やや簡単だった 105票・27% )
  • 普通ぐらいだった 49票・13% )
  • やや難しかった 6票・2% )
  • かなり難しかった 13票・3% )

総投票数: 382

Loading ... Loading ...
解答速報まとめ&難易度アンケート
簿記3級 簿記2級 簿記1級



第157回日商簿記3級 解答速報まとめ

各社の模範解答(解答速報)

 一番左の列の「会社名」をクリックまたはタップすると、各社の模範解答案内ページが別窓で開きます。また、「公開中」をクリックまたはタップすると、各社の模範解答(PDFファイル)が別窓で開きます。

模範解答の公開状況(時間は公開予定時刻)
簿記3級 簿記2級 簿記1級
TAC 公開中 公開中 公開中
大原 公開中 公開中 公開中
NS 公開中 公開中 公開中
LEC 公開中 公開中 ※3月2日

試験問題・解答・解説の無料冊子のご案内

解答解説集

 資格の学校TAC・資格の大原が、第157回日商簿記検定3級・2級・1級の全問題と解答および解説を一冊にした「問題・解答集」を無料で郵送してくれるサービスを行っています。

 この無料冊子には問題・解答・解説だけでなく答案用紙も付いており、過去問対策用の教材としても使える優れモノですので、次回以降の受験を考えていらっしゃる方もぜひ無料請求してみてください。

 無料請求したら電話やDMで講座に勧誘されるのでは…?と不安を感じる方もいると思いますが、私が知るかぎりではそのような勧誘は一切ありません。むしろ、もうちょっと勧誘してもいいのでは…と思うくらいです。安心して無料請求してください。




第157回日商簿記3級 試験問題の概要

おすすめ解答順序と大問別の難度・時間配分

1問→第2問→第3問→第4問→第5

 特に難しい問題はないため、どのような順番で解いても構いません。私なら第1問から順番に解きます。

大問別の配点・難度・時間配分
出題論点 配点 難易度 管理人の
解答時間
おすすめの
時間配分
準備 5分
1 仕訳問題 20点 簡単 10分
2 帳簿記入 10点 簡単 10分
3 合計試算表 30点 やや簡単 40分
4 語句記入 10点 簡単 10分
5 決算整理後
残高試算表
30点 やや簡単 35分
見直し 10分

 第1問の仕訳問題は、5問とも非常に簡単な問題でした。きちんと対策していれば短い解答時間で20点満点が取れたはずです。目標は20点です。

 第2問は、問題資料で与えられた商品有高帳・仕入帳・売上帳から各取引を推定して、空欄の数値をパズル感覚で埋めていく簡単な問題です。ひっかけもなく素直な問題なので、第1問と同様に短い解答時間で満点を狙いましょう。目標は10点です。

 第3問は合計試算表作成問題です。量が少し多めでしたが、比較的簡単な処理が多かったのでスラスラ解答できたと思います。目標は24点です。

 第4問は、語句記入の問題です。4.に出てくる「決算予備手続」と「決算本手続」はあまり耳慣れない語句かもしれませんが、その他は一般的な内容のものばかりです。問題の指示を見落として語句そのもので解答しないように気をつけましょう。目標は8点です。

 第5問は、難度・ボリュームともに平均レベルの決算整理後残高試算表の作成問題です。よくあるパターンの取引ばかりなので、きちんと対策していれば短い解答時間で30点満点が狙える問題です。目標は24点です。

予想合格率

 5問とも解きやすいベーシックな問題でした。今回の合格率は50%を大きく超えそうです。

直近の試験の合格率の推移
第151回 第152回 第153回 第154回 第156回 第157回
55.13% 56.08% 43.08% 49.08% 47.41%



第157回日商簿記3級 管理人の解説速報

  1. 仕訳問題
  2. 帳簿記入
  3. 合計試算表
  4. 語句記入
  5. 決算整理後残高試算表

 上記リンクをクリックまたはタップすると、解説箇所にスクロールします。第1問から順番にご覧になりたい場合は、そのまま下にスクロールしてお進みください。

第1問 仕訳問題(配点20点)

  1. 固定資産の売却
  2. 固定資産の修繕
  3. 租税公課・通信費
  4. 手形借入金
  5. 売上取引・消費税

 上記リンクをクリックまたはタップすると、解説箇所にスクロールします。問1から順番にご覧になりたい場合は、そのまま下にスクロールしてお進みください。

問1 固定資産の売却

模範解答
(借)備品減価償却累計額 300,000
(借)現金 10,000
(借)固定資産売却損 50,000 ※1
 (貸)備品 360,000

※1 360,000円-300,000円-10,000円=50,000円(貸借差額)

 固定資産の売却に関する問題です。

 問題文の「期首に」から、期首に備品を売却したことが分かるので(当期の)減価償却費はゼロです。

 帳簿価額60,000円(=360,000円-300,000円)の備品を10,000円で売却しているので、差額の50,000円を固定資産売却損で処理します。

問2 固定資産の修繕

模範解答
(借)修繕費 230,000
 (貸)未払金 230,000

 固定資産の修繕に関する問題です。

 修繕にかかる費用を修繕費で処理するだけです。

問3 租税公課・通信費

模範解答
(借)租税公課 5,500
(借)通信費 2,000
 (貸)現金 7,500 ※1

※1 5,500円+2,000円=7,500円(貸借差額)

 租税公課・通信費に関する問題です。

 収入印紙の購入代金は租税公課、郵便切手の購入代金は通信費で費用処理します。

問4 手形借入金

模範解答
(借)当座預金 2,960,000 ※2
(借)支払利息 40,000 ※1
 (貸)手形借入金 3,000,000

※1 3,000,000円×2%×8か月/12か月=40,000円

※2 3,000,000円-40,000円=2,960,000円(貸借差額)

 手形借入金に関する問題です。

 問題文に「銀行から ¥ 3,000,000 を借り入れ、同額の約束手形を振り出す」とあるので、借入金ではなく手形借入金で処理します。

 利息に関しては、問題文に「利息を差し引かれた手取金」「利息は月割計算する」とあるので、借入時に8か月分の利息を計上しましょう。

問5 売上取引・消費税

模範解答
(借)売掛金 71,500
 (貸)売上 65,000 ※1
 (貸)仮受消費税 6,500

※1 30,000円+35,000円=65,000円

 売上取引・消費税に関する証ひょうの読み取り問題です。

 宮城商事から預かった消費税は仮受消費税で処理し、商品代金65,000円と消費税6,500円の合計額を売掛金で処理します。

第2問 帳簿記入(配点10点)

 商品有高帳・仕入帳の空欄に入る数値を推定する問題です。パズル形式になっているので、分かるところからどんどん埋めていきましょう。

模範解答
120 40 130 10,800 6,250

10月1日

 商品有高帳の受入欄・残高欄の数量・単価が空欄になっていますが、この時点では特に手がかりがないので次に進みます。

10月10日

 商品有高帳の受入欄・残高欄の数量・単価・金額が空欄になっていますが、これらの情報は仕入帳の10月10日の摘要欄に記載されているので、数量(100個)、単価(120円)、金額(12,000円)の各数値をひっぱってきましょう。

10月20日

 商品有高帳の払出欄の下段の「90」から、10日に仕入れた100個のうち90個を販売したことが分かります。単価は120円なので払出欄の金額は10,800円(=90個×120円)、残高欄の金額は1,200円(=10個×120円)になります。

 また、売上帳の摘要欄の「130個」から、今回の取引で130個を販売したことが分かるので、前月から繰り越されてきた分は差額の40個(=130個-90個)になります。判明している金額5,200円を40個で割って単価130円(=5,200円÷40個)を求めましょう。

10月25日

 仕入帳の数量・単価・金額が空欄になっていますが、これらの情報は商品有高帳の10月25日の受入欄に記載されているので、数量(50個)、単価(125円)、金額(6,250円)の各数値をひっぱってきましょう。

第3問 合計試算表(配点30点)

 合計試算表の作成問題です。問題資料の[11月中の取引]が時系列順になっているので、上から順番に仕訳を考えていきましょう。

1日の仕訳
(借)仕入 1,200,000
 (貸)買掛金 1,200,000
3日の仕訳
(借)売上 30,000
 (貸)現金 30,000
5日の仕訳
(借)広告宣伝費 50,000
 (貸)現金 50,000
8日の仕訳
(借)受取商品券 200,000
(借)現金 550,000
(借)売掛金 1,250,000
 (貸)売上 2,000,000

 自治体発行の商品券を受け取ったさいは、受取商品券の増加として処理します。

10日の仕訳
(借)所得税預り金 50,000
 (貸)普通預金 50,000
12日の仕訳
(借)備品 600,000
 (貸)仮払金 600,000

 先月計上した仮払金を備品に振り替えます。

15日の仕訳
(借)受取商品券 250,000
(借)現金 500,000
 (貸)売上 750,000
16日の仕訳
(借)普通預金 1,000,000
 (貸)現金 1,000,000
18日の仕訳
(借)借入金 300,000
(借)支払利息 6,000
 (貸)普通預金 306,000
20日の仕訳
(借)給料 350,000
 (貸)所得税預り金 35,000
 (貸)社会保険料預り金 30,000
 (貸)普通預金 285,000

 所得税の源泉徴収額は所得税預り金、健康保険・厚生年金保険料の源泉徴収額は社会保険料預り金で処理します。混同しないように気をつけましょう。

22日の仕訳
(借)仕入 600,000
 (貸)買掛金 600,000
25日の仕訳①
(借)買掛金 2,100,000
(借)支払手数料 200
 (貸)普通預金 2,100,200

 銀行の振込手数料は支払手数料で費用処理します。

25日の仕訳②
(借)普通預金 800,000
 (貸)売掛金 800,000
26日の仕訳
(借)普通預金 450,000
 (貸)受取商品券 450,000

 問題文に「今月の売上代金として受け取ったすべての自治体発行の商品券~」から、8日と15日に受け取った商品券の合計額450,000円(=200,000円+250,000円)を精算したことが分かります。

28日の仕訳
(借)支払家賃 200,000
 (貸)普通預金 200,000
29日の仕訳
(借)水道光熱費 150,000
(借)通信費 30,000
 (貸)普通預金 180,000
30日の仕訳
(借)社会保険料預り金 29,000
(借)法定福利費 29,000
 (貸)普通預金 58,000

 いわゆる「労使折半」の処理が問われています。社会保険料の当社負担額は法定福利費で処理します。

 最後に、上記の仕訳を集計します。本問は合計試算表の作成問題なので、10月31日時点と11月30日時点の借方・貸方の合計額を記入します。うっかり残高を記入しないように気をつけましょう。

第4問 語句記入(配点10点)

 文章の穴埋め問題です。問題文の「記号で答えなさい」という指示に従って、空欄にあてはまる語句を記号で解答しましょう。

  1. 給料を支払うさいに差し引く源泉徴収額は、会社からすると一時的に預かっているだけなので、租税公課や法定福利費などの費用ではなく、預り金として貸借対照表の負債の部に計上します。
  2. 当座預金を引き出すさいには、一般的に小切手を振り出します。また、他社振出の小切手を受け取った場合は、当座預金ではなく現金の増加として処理します。
  3. 前期以前に発生した売掛金が当期において回収不能になった場合、前期末に設定した貸倒引当金を取り崩して処理します。なお、冬季に発生した売掛金が回収不能になった場合は、全額を貸倒損失で処理します。
  4. 決算は決算予備手続(決算を行うための準備の手続き)で試算表を作成し、決算本手続(決算の必要な手続き)で帳簿の締め切りを行います。最後に、決算報告手続で財務諸表を作成します。
  5. 売掛金勘定や買掛金勘定は、主要簿である総勘定元帳に格納されます。主要簿は総勘定元帳と仕訳帳の2つで構成されています。

第5問 決算整理後残高試算表(配点30点)

 スタンダードなタイプの決算整理後残高試算表の作成問題です。資料2の決算整理事項等を適切に処理し、最後に仕訳を集計しましょう。

問1

決算整理事項等1
(借)雑損 1,000 ※1
 (貸)現金 1,000

※1 97,000円-96,000円=1,000円

 実際有高96,000円と帳簿残高95,000円との差額1,000円を雑損で処理します。

決算整理事項等2
(借)当座預金 197,000
 (貸)借入金 197,000

 当座借越の状態になっているため、貸方残の当座預金を借入金に振り替えます。

決算整理事項等3
(借)普通預金 158,000
 (貸)売掛金 158,000
決算整理事項等4
(借)貸倒引当金繰入 3,000 ※2
 (貸)貸倒引当金 3,000

※2 (558,000円-158,000円)×2%-5,000円=3,000円

 決算整理事項等3で売掛金を回収しているので、貸倒引当金の計算にあたってきちんと考慮しましょう。

決算整理事項等5
(借)仕入 290,000
 (貸)繰越商品 290,000
(借)繰越商品 350,000
 (貸)仕入 350,000

 毎度おなじみの「しーくりくりしー」の仕訳です。1本目の仕訳の金額は、問題資料1の決算整理前残高試算表の「繰越商品 290,000」から金額をひっぱってきましょう。

決算整理事項等6
(借)減価償却費 180,000 ※5
 (貸)建物減価償却累計額 50,000 ※3
 (貸)備品減価償却累計額 130,000 ※4

※3 2,000,000円÷40年=50,000円

※4 (800,000円-300,000円)÷5年+300,000円÷5年×6か月/12か月=130,000円

※5 50,000円+130,000円=180,000円(貸借差額)

 建物は1年分の減価償却費を計算するだけです。

 備品は「旧備品(500,000円)」と「新備品(300,000円)」に分類したうえで、旧備品は1年分の減価償却費を計算し、新備品は10月1日から3月31日までの6か月分の減価償却費を月割りで計算しましょう。

決算整理事項等7
(借)受取手数料 20,000
 (貸)前受手数料 20,000

 前受分20,000円を受取手数料から前受手数料に振り替えます。

決算整理事項等8
(借)前払保険料 12,000 ※6
 (貸)保険料 12,000

※6 48,000円×3か月/12か月=12,000円

 7月1日に支払った1年分の保険料のうち、翌期の4月1日から6月30日までの3か月分を前払処理します。

決算整理事項等9
(借)法人税、住民税及び事業税 490,000
 (貸)仮払法人税等 150,000
 (貸)未払法人税等 340,000 ※7

※7 490,000円-150,000円=340,000円(貸借差額)

 当期の法人税等490,000円と、問題資料1の決算整理前残高試算表に計上されている「仮払法人税等 150,000」との差額340,000円を未払法人税等で処理します。

問2

 問1の決算整理後残高試算表完成させたら、収益合計と費用合計を計算し、差額で当期純利益(または当期純損失)を求めましょう。

  • 収益合計:売上6,600,000円+受取手数料120,000円=6,720,000円
  • 費用合計:仕入3,340,000円+給料1,500,000円+旅費交通費55,000円+保険料48,000円+貸倒引当金繰入3,000円+減価償却費180,000円+雑損1,000円+法人税、住民税及び事業税490,000円=5,617,000円
    • 当期純利益:6,720,000円-5,617,000円=1,103,000円

解答速報まとめ&難易度アンケート
簿記3級 簿記2級 簿記1級