第152回日商簿記3級 予想問題「簿記ナビ模試」第2問(勘定記入)の解説

第2問 総額・純額の違いはサンプル問題でも出題されています!要確認です!

 商品売買の勘定記入に関する問題です。

 本問を使って「総額」と「純額」の違いや、「期中処理→決算整理仕訳→決算振替仕訳」の流れを今一度確認しておきましょう。

簿記ナビ模試3級の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
簡単 普通 難しい 普通 難しい
5分 10分 20分 35分 10分 30分 10分

簿記3級の出題予想のご案内

 簿記検定ナビでは、2019年6月9日に行われる第152回日商簿記3級の出題予想を公開しています。

 過去の出題状況や最近の出題傾向を独自の視点で分析し、大問ごとの予想はもちろんのこと、各論点の重要ポイントや絶対に押さえておくべき過去問などもあわせてご紹介しています。

第2問(勘定記入)の解説

模範解答
2,370,000 3,410,000 次期繰越 繰越利益剰余金 80,000

期中処理

 仕入勘定の総仕入高と仕入戻し、売上勘定の売上戻りの3つは、資料から金額をそのままひっぱってくるだけです。

 売上勘定の総売上高は資料で与えられていないので、「売上高=売上高+売上戻り」という関係式に金額を当てはめて計算します。

売上高=売上高+売上戻り=3,410,000円+40,000円=3,450,000円

 問題資料(4)で与えられているのは売上高ではなく売上高です。うっかり3,410,000円を総売上高の金額欄に記入しないように気をつけてください。どえらいことになります。

勘定記入の解答手順1

決算整理仕訳

 次に、決算整理仕訳を考えたうえで、各勘定に必要な記入を行います。

 本問は、問題文に「売上原価は仕入勘定で計算すること」という指示があるので、仕入勘定を使って売上原価を計算します。毎度おなじみの「しーくりくりしー」の仕訳です。

決算整理仕訳
(借)仕入 190,000 ※1
 (貸)繰越商品 190,000
(借)繰越商品 240,000 ※2
 (貸)仕入 240,000

※1 問題資料(1)「期首商品棚卸高:¥ 190,000」より

※2 問題資料(6)「期末商品棚卸高:¥ 240,000」より

 期首・期末商品棚卸高は、問題資料(1)(6)からそれぞれの金額をひっぱってくるだけです。

勘定記入の解答手順2

決算振替仕訳

 最後に、決算振替仕訳を処理したうえで、各勘定に必要な記入を行って締め切ります。

 具体的には、費用・収益に関する勘定科目を一度、損益勘定に振り替えたあと、さらに損益勘定の貸借差額(=当期純利益)を繰越利益剰余金勘定に振り替えます。

 なお、繰越商品勘定の貸方の勘定科目の空欄には、借方の「4/1 前期繰越」から「3/31 次期繰越」が入ると判断します。金額は期末商品棚卸高の240,000円になります。

決算振替仕訳
(借)損益 2,370,000 ※3
 (貸)仕入 2,370,000
(借)売上 3,410,000 ※4
 (貸)損益 3,410,000
(借)損益 80,000 ※5
 (貸)繰越利益剰余金 80,000

※3 2,450,000円+190,000円-30,000円-240,000円=2,370,000円(貸借差額)

※4 3,450,000円-40,000円=3,410,000円

※5 3,410,000円-2,370,000円-480,000円-120,000円-360,000円=80,000円(貸借差額)

勘定記入の解答手順3

参考問題のご案内

 売上原価を仕入勘定ではなく売上原価勘定で計算する場合、以下のような問題・解答になります。

 参考問題をアップしておきますので、時間に余裕のある方はこちらもダウンロード・プリントアウトして問題を解いてください。

 PDFファイルは、各画像の下の「PDF版」というリンクをクリック・タップするとダウンロードすることができます。

参考問題の問題用紙
参考問題の問題用紙( PDF版
参考問題の解答・解説
参考問題の解答・解説( PDF版

ページの先頭へ