第152回日商簿記3級 予想問題「簿記ナビ模試」第1問(仕訳問題)の解説

第1問 仕訳を制する者は簿記3級を制する!仕訳対策しないの、ダメ。ゼッタイ。

 簿記3級の第1問では毎回、仕訳が5問出題されますが、過去に出題された問題の類似問題がよく出題されるため、過去問対策が非常に効果的です。簿記検定ナビの仕訳問題対策や市販の教材・アプリなどを使って万全の対策をしておきましょう。

 今回の簿記ナビ模試では、新しく試験範囲に追加された論点の問題を中心に出題しています。いずれも基本的なレベルの問題ですので、間違えたところはテキストに戻ってきちんと復習しましょう。

簿記ナビ模試3級の「各問題の難度」と「解答時間の目安」
準備 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 見直し
簡単 普通 難しい 普通 難しい
5分 10分 20分 35分 10分 30分 10分

簿記3級の出題予想のご案内

 簿記検定ナビでは、2019年6月9日に行われる第152回日商簿記3級の出題予想を公開しています。

 過去の出題状況や最近の出題傾向を独自の視点で分析し、大問ごとの予想はもちろんのこと、各論点の重要ポイントや絶対に押さえておくべき過去問などもあわせてご紹介しています。

第1問(仕訳問題)の解説

問1 売上取引・消費税

重要度:★★★ 難度:★☆☆

模範解答
(借)売掛金 648,000 ※2
 (貸)売上 600,000
 (貸)仮受消費税 48,000 ※1

※1 600,000円×8%=48,000円

※2 600,000円+48,000円=648,000円(貸借差額)

 売上取引・消費税に関する問題です。

 消費税は2019年度から新たに試験範囲に追加された論点のひとつです。消費税を受け取ったさいには「仮受消費税」、支払ったさいには「仮払消費税」で処理します。

 本問は、問題文に「代金は消費税(8%)を含めて掛けとした」とあるので、商品代金の8%を計算して仮受消費税で処理しましょう。

問2 法定福利費

重要度:★★☆ 難度:★★☆

模範解答
(借)社会保険料預り金 500,000 ※3
(借)法定福利費 500,000 ※3
 (貸)現金 1,000,000 ※4

※3 200,000円+300,000円=500,000円

※4 500,000円+500,000円=1,000,000円(貸借差額)

 法定福利費に関する問題です。

 法定福利費は2019年度から新たに試験範囲に追加された論点のひとつで、社会保険料の会社負担分を費用処理する場合に使います。

 本問は、問題文に「給料から差し引いて預かっていた社会保険料の従業員負担額」とあるので、まずは給料支払時の仕訳をイメージしましょう。

参考・給料支払時の仕訳
(借)給料 ???
 (貸)社会保険料預り金 500,000
 (貸)現金など ???

 上記の仕訳を踏まえたうえで、本問で問われている社会保険料の納付時の仕訳を考えましょう。

 給料支払時に貸方に計上した「社会保険料預り金」を借方に振り替えるとともに、同額の会社負担分を法定福利費で費用処理します。

解答・社会保険料の納付時の仕訳
(借)社会保険料預り金 500,000
(借)法定福利費 500,000
 (貸)現金 1,000,000

問3 設立時の新株発行

重要度:★★★ 難度:★☆☆

模範解答
(借)普通預金 800,000 ※5
 (貸)資本金 800,000

※5 1,000株×@800円=800,000円

 設立時の新株発行に関する問題です。

 設立時・増資時の新株発行は2019年度から新たに試験範囲に追加された論点のひとつです。株式の発行価額を計算して、全額を資本金で処理しましょう。

発行価額=1,000株×@800円=800,000円

問4 剰余金の配当

重要度:★★★ 難度:★☆☆

模範解答
(借)繰越利益剰余金 330,000 ※6
 (貸)未払配当金 300,000
 (貸)利益準備金 30,000

※6 300,000円+30,000円=330,000円(貸借差額)

 剰余金の配当に関する問題です。

 剰余金の配当は2019年度から新たに試験範囲に追加された論点のひとつです。株主総会で承認された株主配当金は未払配当金、配当にともない積み立てる準備金は利益準備金で処理します。

 なお、仕訳の未払配当金・利益準備金の金額は問題資料からひっぱってくるだけです。最後に貸借差額で繰越利益剰余金の金額を求めましょう。

問5 法人税等

重要度:★★★ 難度:★☆☆

模範解答
(借)法人税等 400,000 ※7
 (貸)仮払法人税等 150,000
 (貸)未払法人税等 250,000 ※8

※7 1,000,000円×40%=400,000円

※8 400,000円-150,000円=250,000円(貸借差額)

 法人税等に関する問題です。

 法人税等は2019年度から新たに試験範囲に追加された論点のひとつです。簿記3級では、仮払時・決算時(本問)・納付時の3パターンの処理が問われます。

 本問はまず、問題文に「税引前当期純利益 ¥ 1,000,000 の40%を法人税等に計上した」とあるので、借方に計上する法人税等の金額を計算しましょう。

法人税等=1,000,000円×40%=400,000円

ステップ①
(借)法人税等 400,000

 次に、問題文の「当社はすでに ¥ 150,000 を中間納付しており、仮払法人税等で処理している」から、借方に計上されている仮払法人税等の金額が分かるので、これを貸方に振り替えましょう。

ステップ②
(借)法人税等 400,000
 (貸)仮払法人税等 150,000

 最後に、貸借差額を未払法人税等で処理します。

ステップ③(解答)
(借)法人税等 400,000
 (貸)仮払法人税等 150,000
 (貸)未払法人税等 250,000

簿記3級の仕訳問題に関するQ&A

自分の解答と模範解答の勘定科目の上下が逆になっていました。不正解になりますか?
 仕訳は上下が逆になっていても正解です。

 本問ですと…例えば、問1の模範解答では貸方が売上・仮受消費税の順番に並んでいますが、これらの勘定科目は上下が入れ替わっても構いません。その他の問題も同様です。
勘定科目の漢字を間違えた場合、部分点はもらえますか?
 部分点はもらえません。

 勘定科目の漢字を間違えた場合は金額があっていても不正解になります。本問ですと…法定福利費の「福」を「副」と書き間違える方が多いです。ケアレスミスにご注意ください。

 また、問題に列挙されていない勘定科目を使って解答した場合も不正解になります。問題に列挙されている勘定科目を使って解答しましょう。
金額にカンマ(コンマ)を付けないと不正解になりますか?
 不正解にはなりません。

■日商簿記:カンマを付けなくても採点してもらえる
■全経簿記:カンマがないと採点してもらえない(※不正解扱い)

 ただ、実務においてカンマを付けるのは当たり前のことですし、省略したからといって解答時間の短縮にはなりません。むしろ、見直しの時に見にくいだけです。

 このようにカンマを付けないデメリットはあってもメリットはありませんので、金額には必ずカンマを付けましょう。
管理人さんの仕訳問題の解き方を教えてください。
 私はまず、問題に列挙されている勘定科目群に線を入れて「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」「その他」などに分けて見やすくします。

 そのさいに気になる勘定科目があったらマルで囲んで目立たせておきます。今回の問題ですと「従業員立替金」「貯蔵品」「社会保険料預り金」「未払配当金」あたりの勘定科目は要注意ですよね。

 次に、問題文を読んで解答のカギになりそうなところにアンダーラインを引きます。問1なら「消費税を含めて掛け」、問2なら「従業員負担額と同額」、問3なら「全額を資本金」、問5なら「法人税等」「仮払法人税等」などです。

 このような準備をしたうえで解答仕訳を考えますが、答案用紙に勘定科目を書くさいには、問題に列挙されている勘定科目を毎回必ずチェックして打ち消し線を引くことを徹底しています。

 ひと手間を加えるだけで「指定されていない勘定科目で解答してしまう」という非常にもったいないケアレスミスをなくすことができますので、ぜひ参考にしてください。

ページの先頭へ