勘定科目の省略パターン一覧表

下書き用紙に勘定科目を書くときは、出来るだけ省略して書いてください!

 皆さんは下書き用紙に仕訳を切る際、勘定科目を省略して書いていますか?たまに、正確な勘定科目を使って全仕訳を切っていらっしゃる方がいますが、下書き用紙は採点対象になりませんので、勘定科目は出来るだけ省略して書いて解答時間の短縮を図ることをおすすめします。

 ただ、いきなり省略しろといわれてもやり方が分からないと思いますので、省略例を以下にまとめておきますので、下書きを書く際の参考にしてください。

 ちなみに、「管理人Ver.」の列では管理人が使っている省略パターンを、「その他Ver.」の列ではそれ以外でよく使われている省略パターンを紹介しています。

 省略方法に絶対的な正解・不正解はありませんので、自分にしっくりくるものを選んで使うようにしてください(もちろん自分で新たに考えてもOKです)

勘定科目名 省略パターン
現金 ゲ、C、G
現金預金 ゲヨ、現ヨ
当座預金 当、当ヨ
受取手形 う手、受/手
売掛金 う×、U、U×、ux
支払手形 し手、支/手
買掛金 か×、K、K×、kx
貸倒引当金 貸引、引当
前払保険料 前ホ、前保
未払利息 未り、未利
売上 S、売
受取利息 うり、受り
仕入 仕、し
営業費 営ヒ、営
販売費 販ヒ、販
支払利息 しり、支り
社債利息 社り、社利
貸倒損失 貸損
貸倒引当金繰入 繰入、くり
有価証券 有、有券
売買目的有価証券 売有、売買
有価証券利息 有り、有利
有価証券売却益 売益、有売益
有価証券評価損 評損、有評損
建物 タ、建
備品 ビ、備
車両運搬具 ク、車
機械装置 キ、機
減価償却費 Dep
建物減価償却費 タDep
減価償却累計額 るい、累、Σd
建物減価償却累計額 タ・るい、タ累、建累
固定資産売却損 売損、固売損
建設仮勘定 仮a/c、仮勘定

 現金の「C」は「Cash」の頭文字から、売上の「S」は「Sales」の頭文字から、減価償却費の「Dep」は「Depreciation」の頭文字3つから取っています。

 また、建設仮勘定の「a/c」というのは「accounts(=勘定)」の略で、減価償却累計額の「Σd」というのは「DepreciationのΣ(シグマ=合計)」を意味します。

実際にどれぐらい下書きの量を減らすことが出来るんだろう?

 それでは次に、勘定科目を省略することで実際にどれぐらい下書きの量を減らすことが出来るか、第126回日商簿記検定3級の第3問の下書き用紙を使って比較してみましょう。なお、80,000円や100,000円のように、最後の下3桁が「000」になる場合は【80,-】【100,-】というように横棒で代用すると、金額の読み違いミスを減らすことが出来るのでおすすめです。

勘定科目を省略せずに書いた場合
勘定科目を省略せずに書いた場合
勘定科目を省略せずに書いた場合
勘定科目を省略して書いた場合

 いかがでしょうか?このように、ちょっと工夫するだけで下書きの量を減らすこと出来ますので、今まで省略せずに書いていた方はぜひ参考にしてください。ただ、元の勘定科目があやふやな状態で省略してもかえって混乱するだけですので、正確な勘定科目をきちんと押さえた上で省略するようにしてください。

「勘定科目の省略パターン一覧表」の無料配布のお知らせ

 PDFファイル形式の「勘定科目の省略パターン一覧表」をご用意しましたので、ダウンロード・プリントアウトしてお使いになりたい方は、下記のリンク上で右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択し、保存先を指定してダウンロードしてください(用紙サイズはB5で最適化)

 なお、PDFファイルのほうには、一番右側に「自分Ver.」という列を新たに設けましたので、自分が決めた省略パターンを自由に書き込んでお使いいただけます。

第145回日商簿記検定「問題・解答集」の無料配布のお知らせ
解答解説集

 資格の大原で、2016年2月26日に実施された第145回日商簿記検定3級・2級の全問題と解答および解説を一冊にした「問題・解答集」の無料請求をすることが出来ます。

 この「問題・解答集」には問題・解答・解説だけでなく答案用紙も付いており、過去問対策用の教材としても使える優れモノですので、第146回以降の受験を考えていらっしゃる方もぜひ無料請求してみてください。

 下記のリンクをクリックすると、資格の大原の公式サイトにジャンプしますので、まずページ中央の「試験情報・体験記」タブをクリックしてください。

 次に、枠内の「【解答速報情報】<第145回>日商簿記2月検定(2/26)解答速報情報!」というリンクを探してクリックし、次のページにある「お申込みはこちら」という赤色のボタンをさらにクリックしてください。後は指示に従って必要事項を記入するだけで簡単に無料請求できます。

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ