管理人がおすすめする専門学校

管理人がおすすめするのは以下の3つです!

 簿記を学ぶことできる学校は全国にたくさんありますが、合格ノウハウの面でも受験生サポートの面でも、やはり大手の専門学校が1歩も2歩も先を行っているのが現状です。

 よって、「絶対に●●で学びたい!」というこだわり等が特になければ、簿記業界の2強と言われている「TAC」か「大原」を選ぶことをおすすめいたします。この2校であれば、まず間違いがありません。

専門学校の比較方法について

 興味のある専門学校を見つけたら、まずは気軽に資料請求してみてください。資料請求自体は無料ですし、請求したからといって営業の電話がかかってきたりすることはありません

 出来れば2校以上から資料を取り寄せると、特徴や雰囲気を比較して検討することができるのでおすすめです。安い買い物ではありませんので、じっくり検討して、自分に合った専門学校・自分に合った講座を見つけてください。


 下の表は、各専門学校の特色を簡単にまとめたものです。専門学校の名称部分をクリックまたはタップすると、各専門学校の公式サイトにジャンプします。

TAC 資格の大原 ネットスクール
入会金 不要 ※1 不要 ※2 不要
通学講座 -
通信講座
3級講座
2級講座
1級講座
3級2級講座 -
2級1級講座 - -
振替受講制度 ※4 - ※3
返金保証制度 ※5 - -
特待生制度 ※6 - -
再受講割引 ※7
教育ローン ※8
株主優待割引 ※9 - -

※1 通常、TACの講座を受講するためには10,000円の入会金が必要になりますが、簿記講座については入会金が免除されています。

※2 無料セミナーに参加すると入会金免除券がもらえたり、キャンペーン期間中に講座の申し込みをすると、通常の入会金6,000円が0円になります。

※3 ネットスクールは通信講座に特化した専門学校なので、通学講座の受講生が対象となる振替受講制度はありません。

※4 授業を欠席してしまった場合に、他のクラス・他の校舎の同一講義に振替出席ができる制度。

※5 講座の申込み後、申込み前に受験した日商簿記検定の「合格」が判明した場合に受講料を全額返金してもらえる制度。

※6 一定の条件を満たしたにも関わらず、残念ながら不合格となった場合に、次回試験向けの講座を無料で受講できる制度。

※7 受講終了後、再度同一講座を受講する場合に受講料が割引される制度。

※8 受講料が高額になる場合、分割で支払うことが出来る制度。

※9 株主になると講座が割引になる「株主優待券」がもらえる制度。

おすすめの専門学校

資格の学校 TAC

 簿記の学校といえば「TAC」と「大原」が有名ですが、「大原」は授業料が少し高めに設定されているので、個人的にはTACをおすすめしています。

 TACには受験生をバックアップする制度がたくさん用意されています。株主優待割引(10%割引)やステップアップ割引制度(10%割引)、再受講割引制度(50%割引)、返金保証制度(講座申し込み後に合格が判明した場合の返金制度)、1級上級割引制度(30%割引)など…数えるのが大変なくらいたくさんあります。

 また、無料再受講制度という「がんばって勉強したにも関わらず、不合格になってしまった人をバックアップする制度」もあります。これは、出席率等の諸条件を満たしていれば、次の検定受験コースが無料で受講できるというものです。

 このように万が一、不合格になった場合もきちんとバックアップしてもらえるのは、業界大手の学校ならではだと思います。


資格の大原

 大原は、TACとともに2強体制を1角を占める大手専門学校です。通学・通信講座の特典はほとんどTACと同じなんですが、学校法人だからか(?)授業料がちょっと高めに設定されています。

 大原特有の制度といえば特待生制度があります。特待生に認定されると、次回の検定対策の「全経上級直前対策セットおよび1級上級セット」を無料で受講することができます。

 また、大原では「特別講義&問題特訓」や「出題予想会」「無料模擬試験」など、参加無料のイベントを多数開催しているので、受講を考えている方は、先にこれらのイベントに参加することをおすすめします。

 学校の雰囲気も分かりますし、講師やスタッフに直接話しを聞いたり質問することもできます。なお、参加したからといって、しつこく電話で勧誘されたり、高い講座を売りつけられることは絶対にありませんのでご安心ください。

特色のある専門学校

ネットスクール

 ネットスクールは、「サクッとうかるシリーズ」などの簿記教材を出版している会社です。WEB講義に特化した会社なので通学講座は用意されていませんが、校舎などへの設備投資が不要な分だけTACや大原よりも受講料が安いです。

 通信講座といいますと、「モチベーションの維持にとても苦労する」「互いに切磋琢磨できる勉強仲間を作るのが難しい」といった声をよく耳にしますが、ネットスクールの受講生専用SNS「学び舎」では、「講師⇔受講生」だけでなく「受講生⇔受講生」の交流も活発に行われており、通信講座のウィークポイントをとても上手くケアしていると思います。

第144回日商簿記検定「問題・解答集」の無料配布のお知らせ
解答解説集

 資格の大原で、2016年11月20日に実施された第144回日商簿記検定3級・2級・1級の全問題と解答および解説を一冊にした「問題・解答集」の無料請求をすることが出来ます。

 この「問題・解答集」には問題・解答・解説だけでなく答案用紙も付いており、過去問対策用の教材としても使える優れモノですので、第145回以降の受験を考えていらっしゃる方もぜひ無料請求してみてください。

 下記のリンクをクリックすると、資格の大原の公式サイトにジャンプしますので、まず画面中央の「試験情報・体験記」タブをクリックしてください。

 次に、枠内の「【解答速報情報】<第144回>日商簿記11月検定(11/20)解答速報情報!」というリンクを探してクリックし、次のページにある「お申込みはこちら」という赤色のボタンをさらにクリックしてください。後は指示に従って必要事項を記入するだけで簡単に無料請求できます。

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ