簿記の間違いノートの作成方法を大公開!

間違いノートを作って、ケアレスミスをなくそう!

 皆さんは間違いノートを作っていますか?間違いノートを作るというのは、間違えやすい論点や、毎回ケアレスミスをしてしまう論点をノートなどにまとめることです。税理士受験生や会計士受験生では当たり前の間違いノートですが、簿記検定受験生の方で作っている方は少数だと思います。

 そんなもの作ってる時間があるなら、問題を解いたほうがいいよ…と考える方もいらっしゃると思いますが、そういう方にこそぜひ間違いノートを作ってもらって、その効果を実感してもらいたいです。

 やることは、間違えた箇所をノートにまとめて、暇な時間(通勤・通学の電車内など)に目を通すだけです。これを地道に繰り返すだけでケアレスミスが減り、いつも間違えていた論点を攻略することが出来ます。

 解答を見れば「あっそうじゃん。」と分かるのに、いつも間違えてしまう論点ってありませんか?それは、その論点の引っかけポイントを「意識」していないからです。意識して対処しないから、問題作成者のひっかけに引っかかってしまうんです。

 間違いノートを作って何回も読み込んでいくと、自然にその論点特有の引っかけポイントが頭の中に入っていきます。

 そうすると、問題文を読んだときに、「あっ、問題作成者はこれを引っかけようとしているな」と気付くことが出来るようになります。これを論点ごとに繰り返していくだけで簿記の点数は飛躍的に上がっていくはずです。

間違いノートの作り方について

間違いノート1
間違いノート1
間違いノート2
間違いノート2
間違いノート3
間違いノート3
間違いノート4
間違いノート4

 間違いノートの作り方は十人十色で「これが絶対的な正解だ!」というものはありませんが、初めて作る人には何か参考になるものがあったほうが良いと思いますので、私が実際に作った間違いノートをアップしておきます。よかったら参考にしてみてください。

 管理人はB6判(182mm×128mm)の情報カードを間違いノートとして使っています。このサイズですと電車の中の狭いスペースでも見ることが出来ますし、持ち運びにも便利だと思います。値段は100枚入りで500円くらいです(→amazonで購入可能です

 次に情報カードを収納するホルダーですが、管理人は左から2番目・3番目の写真のものを使っています。プラスチックなので汚れや衝撃にも強いです。色はグレーのほかにピンクと青もあります。値段は300円前後です(→amazonで購入可能です

 一番右の写真は、実際に情報カードをホルダーに収納した状態です。カードを留めている金具は簡単に開閉出来ますので、弱点を克服して不要になったカードはホルダーから外して保管しておくといいと思います。容量的には、100枚は余裕で収納できます。

管理人が実際に作った間違いノートの一部

管理人自作の間違いノート
管理人自作の間違いノート

 上の画像は、管理人自身が実際に作ったカードです。これは一般商品売買でよく問われる売価還元低価法についてのまとめノートです。商品低価評価損を計上する場合と計上しない場合で売上原価の値が変わってきますが、問題作成者はここをよく引っかけてくるので、知識を整理するために自分なりにまとめました。

 右上に【一般商品】と書かれていますが、これは「一般商品売買の論点ですよ」ということを表しています。特殊商品売買なら【特商】、帳簿組織なら【帳簿】などと書くように統一しておくと、実際に使うときに「あ、これは一般商品売買に関する論点なんだな」ということが分かるので便利です。

 あと、重要なところは色を変えて書き込むようにしています。管理人の場合は赤ペン&青ペン+3種類のマーカーを使っていますが、これは作成される方の好きな色で問題ありません。なるべく見やすいように作ってください。

ページの先頭へ