日商簿記3級 試験範囲(出題区分)の改定情報まとめ

日商簿記3級の試験範囲が改定される理由

試験範囲の改定

 2019年度の試験(2019年6月に行われる第152回~)から、日商簿記3級の試験範囲が改定されることが公表されました。

なぜ試験範囲が改定されるの?

 簿記3級の現行の試験範囲は個人商店を前提としていますが、受験生の多くは実際の企業活動や会計実務を織り込んだ「仕事で活かせる実践的な内容」を学びたいと望んでおり、両者の間には大きなギャップがあるのが現状です。

 今回の改定では、このギャップを小さくするために出題の前提を「個人商店」から「小規模な株式会社」に変更するとともに、実務に合わせた論点の整理が行われることになりました。

具体的には何が変わるの?

 個人商店では取り扱われなかった「純資産の増減」や「法人税等の処理」など株式会社特有の処理が新たに試験範囲に追加されるとともに、個人商店を前提とした「資本の引き出し」などが試験範囲から削除されます。

 また、近年取り扱いが増えている「クレジット取引」や「電子記録債権・債務」などの処理が2級の試験範囲から3級に下りてくるとともに、時代にそぐわなくなった「(当店発行の)商品券」や「売上値引・仕入値引」の処理などが試験範囲から削除されます。

 後日、改めてサンプル問題が公表される予定です。公表され次第、本ページでもご紹介いたします。

日商簿記3級の試験範囲から削除される論点


 「有価証券の売買+受取配当金」「手形の裏書き・割引き」「直接法による減価償却」は、3級で一部分だけを勉強するよりも2級でまとめて勉強したほうが望ましいということで、2級の試験範囲へ移行されることになりました。


 「(当店発行の)商品券の処理」は、簿記3級が前提とする小規模な株式会社が独自の商品券を発行するのは一般的ではないので、大企業を前提とした1級の試験範囲へ移行されることになりました。

 また、改定前までは他店が発行した商品券に関しては「他店商品券」という勘定で処理していましたが、当店発行の商品券が3級の試験範囲から外れた以上、「当店」と対比させるために使っていた「他店」という記載は必要がなくなりました。

 そこで、改定にあたって「他店商品券」という勘定科目を標準・許容勘定科目から削除して、「受取商品券」に名称が変更されることになりました。

例1:売上時に商品券10,000円を受け取ったときの仕訳
(借)受取商品券 10,000
 (貸)売上 10,000

 「繰越試算表」は、次期に繰り越される資産・負債・純資産の各残高の貸借が一致しているかを確認するために作るもので、貸借対照表作成のベースにもなります。

 手書きで財務諸表を作成していた時代には有用でしたが、会計システム全盛の現代ではわざわざ作る必要がない(=他の資料で代用できる)ので、3級の試験範囲から削除されることになりました。

 また、8桁精算表から修正記入欄の2桁を取り除いた「6桁精算表」に関しても、過去にほとんど出題されておらず、今後も出題される可能性がないため、3級の試験範囲から削除されることになりました。


 「当座借越勘定を使った期中処理」は、実務においては期中に当座預金の残高がマイナスになった場合、当座借越ではなく当座預金の貸方残高とし、期末においてもマイナスの場合にのみ当座借越などに振り替える処理が一般的であることから、期中において当座預金・当座借越を使い分ける処理については削除されることになりました。

 なお、削除されるのはあくまでも期中処理だけであって、期末において当座預金の残高がマイナスの場合に、当座借越などの適切な勘定科目に振り替える処理は試験範囲に残ります。

例1:当座預金口座に現金10,000円を入金したときの仕訳
(借)当座預金 10,000
 (貸)現金 10,000
例2:買掛金30,000円の支払いのために小切手を振り出したときの仕訳
(借)買掛金 30,000
 (貸)当座預金 30,000
例3:貸方残20,000円のまま決算を迎えたときの決算整理仕訳
(借)当座預金 20,000
 (貸)当座借越 20,000

 「売上値引・仕入値引」は、商品にキズがあったり外装が破れていた場合に売買代金を減額する処理ですが、実務においては通常、返品または良品との交換が行われることがほとんどです。

 このように、売上値引・仕入値引は実務ではほとんど使われていないにもかかわらず、商品有高帳の複雑な処理などが受験生の負担となっていました。

 また、「簿記の値引き」と「日常で使う値引き(バーゲンセール)」の意味の違いも受験生の負担になっていたため、今回の改定で3級の試験範囲から削除されることになりました。


 「資本の引き出しに関する処理」は、出題の前提が「個人商店」から「小規模な株式会社」に変更されたことにともない、店主の所得税の支払いや商品の自家消費など、資本の引き出しに関する処理が3級の試験範囲から削除されることになりました。


 「消耗品購入時の資産処理」は、実務において消耗品(※郵便切手や収入印紙などの換金性の高いものを除く)を購入した場合、購入時に費用処理をし、期末に少量が残っていたとしても資産に振り替えないのが一般的であるため、試験でもこの処理のみが問われることになりました。

 よって、消耗品購入時に資産処理する方法(=消耗品を計上する方法)は3級の試験範囲から削除されることになりました。


 「見越・繰延べという表現」は初学者には分かりづらい用語のため、イメージしやすい「前受け・前払い・未収・未払い」という用語に変更されることになりました。なお、今回は用語の変更だけで、処理方法などに変更はありません。

  • 収益の繰延べ → 収益の前受け
  • 費用の繰延べ → 費用の前払い
  • 収益の見越し → 収益の未収
  • 費用の見越し → 費用の未払い

日商簿記3級の試験範囲に追加される論点


 「出題の前提が「個人商店」から「株式会社」へ変更されたことによる追加論点」は、文字どおりです。個人商店を前提とした処理が問われなくなる代わりに、株式会社を前提とした簡単な処理が問われることになります。

 なお、出題の前提が「個人商店」から「株式会社」へ変更されることにともない、3月決算の出題が基本になります。決算整理などで月割り計算をするさいはじゅうぶんご注意ください。


 「2級から3級へ移行される論点」は、いずれも実務での取り扱いが近年増えていることから、簡単な処理に限定して2級から3級へ移行されることになりました。

 なお、2級は3級の試験範囲を内包するため、これらの論点についても引き続き2級の試験範囲に含まれる点にご留意ください。


 「新たに3級に追加される論点」についても、実務での取り扱いが近年増えていることから、3級の試験範囲に追加されることになりました。

 「差入保証金」は、店舗借入時に敷金などの保証金を差し入れたさいに使う勘定科目です。実務ではこの差入保証金も償却の対象になりますが、3級では償却の処理は問われません。

 「固定資産台帳」は、所有している固定資産の管理や減価償却費の計算を目的として利用される補助簿で、簿記3級では建物や備品などの有形固定資産が記録の対象になります。なお、本試験では、第2問の「補助簿の選択」や「帳簿記入」での出題が考えられます。

 一番下の「当座預金・普通預金口座を複数開設している場合の勘定科目」は、今までは複数の口座を開設している場合でも、「当座預金」「普通預金」とひとまとめに表示していましたが、今回の改定で銀行名などを勘定科目に付すことができるようになりました。

例1:売掛金10,000円が中野銀行の普通預金口座に振り込まれたときの仕訳
(借)普通預金中野銀行 10,000
 (貸)売掛金 10,000
例2:中野銀行の普通預金口座から渋谷銀行の当座預金口座に10,000円移動したときの仕訳
(借)当座預金渋谷銀行 10,000
 (貸)普通預金中野銀行 10,000

結論・日商簿記3級への影響は?

2019年度に簿記3級を受験する方

  • 2018年度の試験
    • 2018年06月:第149回
    • 2018年11月:第150回
    • 2019年02月:第151回
  • 2019年度の試験 ←ココ
    • 2019年06月:第152回
    • 2019年11月:第153回
    • 2020年02月:第154回

 2019年度の試験(2019年6月に行われる第152回試験~)は新たな試験範囲から問題が出題されます。

 2019年2月頃に発売される2019年度版の教材は新たな試験範囲を前提にして作られるため、こちらの教材を使って勉強する方は特に気をつけることはありません。

 一方、2018年度版以前の教材を使って勉強する場合は、教材が前提としている試験範囲と実際の試験範囲が異なる可能性があります。古い教材を使って勉強する場合はご注意ください。

 なお、先日公表された資料には以下のような記載がありました。

新たに範囲に加わった項目の出題にあたっては、問題の形式や問題文での文言・条件指示などにおいて受験者に配慮するとともに、従来から範囲となっていた項目とのバランスを十分に考慮しなければならないと認識していること、さらに日を改めてサンプル問題を公表し、テキストや問題集等教材開発の便に供する予定であることを念のために申し添えます。

 簡単に言いますと「新たに追加された論点に関しては、安心してください履いてますy…じゃなくて、最初は簡単な処理を中心に出題しますよ。また、一気にドサッと出題したりはしませんよ。」ということです。よって、過度に心配する必要はありません。

管理人管理人

とにかく明るい安村の将来はかなり心配ですが、2019年度対策用の最新版を使えばなにも心配する必要はありません!

2018年度に簿記3級を受験する方

  • 2018年度の試験 ←ココ
    • 2018年06月:第149回
    • 2018年11月:第150回
    • 2019年02月:第151回
  • 2019年度の試験
    • 2019年06月:第152回
    • 2019年11月:第153回
    • 2020年02月:第154回

 2018年度の試験(第149回・第150回・第151回試験)は現行の試験範囲から問題が出題されます。

 ただし、日本商工会議所が「2018年度における出題は、2019年度以降も引き続き各級の範囲となっている内容から大きく外れないように配慮することといたします」とアナウンスしているため、2019年度に試験範囲から外れる論点が2018年度に出題される可能性は極めて低いです。

 よって、2018年度に簿記3級を受験する方は、2019年度に試験範囲から外れる論点については参考程度に押さえておけばじゅうぶんです。

管理人管理人

ちなみに、前回の簿記2級の試験範囲の改正のときも同様のアナウンスがありましたが、2016年度に試験範囲から外れる論点は2015年度の試験では出題されませんでした。

結論・日商簿記2級への影響は?

2019年度に簿記2級を受験する方

  • 2018年度の試験
    • 2018年06月:第149回
    • 2018年11月:第150回
    • 2019年02月:第151回
  • 2019年度の試験 ←ココ
    • 2019年06月:第152回
    • 2019年11月:第153回
    • 2020年02月:第154回

 簿記2級は簿記3級の試験範囲を内包するため、簿記3級の試験範囲が改定されれば多かれ少なかれ影響を受けることになります。ただし、簿記3級に新たに追加される論点は簿記3級での出題が考えられるため、直接的な影響は小さいといえるでしょう。

 なお、今回の改定で2級の試験範囲に新たに追加される論点は「売掛金などの債権の譲渡」ぐらいで、あとは勘定科目の名称変更ぐらいです。2016・2017・2018年度の抜本的な改定に比べれば全然たいしたことはありませんので、過度に心配する必要はありません。

管理人管理人

簿記3級と同様、2019年度対策用の最新版をを使えばなにも心配する必要はありません!

2018年度に簿記2級を受験する方

  • 2018年度の試験 ←ココ
    • 2018年06月:第149回
    • 2018年11月:第150回
    • 2019年02月:第151回
  • 2019年度の試験
    • 2019年06月:第152回
    • 2019年11月:第153回
    • 2020年02月:第154回

 ほとんど影響はありません

 今後、試験は難しくなることはあっても簡単になることはありません。なるべく早く合格できるように勉強をがんばってください。

結論・日商簿記1級への影響は?

 簿記1級は簿記3級・2級の試験範囲を内包するため、簿記3級・2級の試験範囲が改定されれば多かれ少なかれ影響を受けることになります。ただし、簿記3級・2級に新たに追加された論点が簿記1級でそのまま出題されることは考えにくいため、直接的な影響は小さいといえるでしょう。

 なお、今回の改定では、会計基準の変更により割賦販売のうち回収基準および回収期限到来基準の適用が認められなくなる可能性を考慮して、当分の間、出題を見送ることが公表されました。

 新たなアナウンスがあるまでの間、簿記1級を受験する方は「割賦販売のうち回収基準および回収期限到来基準にかかる処理」については、参考程度に押さえておけばじゅうぶんです。

 また、今回の改定で「自店発行の商品券の処理」が3級から1級に移行されますが、こちらも会計基準の変更により処理方法や勘定科目の名称が変わる可能性があるので、当分の間、出題を見送るとのことです。

管理人管理人

上記の2つの処理については、当分の間、出題が見送られることを押さえておけばOK牧場です。

簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2018年6月23日・30日(土)の18時から、東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。現在参加者募集中です!

 みんなで楽しくご飯を食べながら、気分転換&情報交換しませんか?人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ぜひぜひご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ