簿記3級 重要仕訳TOP100 社会保険料の天引き

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 従業員への給料の支払いにあたり、給料総額 ¥ 2,000,000 から、従業員が負担すべき社会保険料(健康保険料 ¥ 100,000 および厚生年金保険料 ¥ 150,000 )を差し引き、残額を普通預金口座から振り込んだ。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 従業員貸付金
従業員立替金 前受金 仮受金 社会保険料預り金
給料 法定福利費 保険料 租税公課

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
給料 2,000,000 社会保険料預り金
普通預金
250,000
1,750,000
※1
※2

※1 100,000円+150,000円=250,000円

※2 2,000,000円-250,000円=1,750,000円(貸借差額)

解説

 社会保険料の天引きに関する問題です。

 本問は、取引を【社会保険料の天引きに関する取引】【残額の支給に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 問題文の「従業員が負担すべき社会保険料(健康保険料 ¥ 100,000 および厚生年金保険料 ¥ 150,000 )を差し引き」から、給料の支払いにあたって従業員が負担すべき社会保険料を天引きしたことが分かるので、社会保険料預り金の増加として処理します。

 なお、問題に列挙されている勘定科目は社会保険料預り金です。うっかり預り金で処理しないように気をつけましょう。

解答①(社会保険料の天引きに関する取引)
(借)給料 250,000
 (貸)社会保険料預り金 250,000

 問題文に「残額を普通預金口座から振り込んだ」とあるので、残額1,750,000円(=2,000,000円-250,000円)を普通預金の減少として処理します。

解答②(残額の支給に関する取引)
(借)給料 1,750,000
 (貸)普通預金 1,750,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

天引きした社会保険料を納付した時の仕訳は、社会保険料の納付で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ