簿記3級 重要仕訳TOP100 消耗品の購入

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 事務用消耗品 ¥ 50,000 を購入し、代金のうち ¥ 20,000 は手元にあった郵便為替証書で支払い、残額は後日支払うことになった。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 立替金
前払金 仮払金 備品 買掛金
未払金 通信費 消耗品費 租税公課

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
消耗品費 50,000 現金
未払金
20,000
30,000

※1

※1 50,000円-20,000円=30,000円(貸借差額)

解説

 消耗品の購入に関する問題です。

 消耗品を購入した場合は、購入代金の全額を消耗品費で処理します。

 また、問題文の「代金のうち ¥ 20,000 は手元にあった郵便為替証書で支払い」から、代金の一部を郵便為替証書で支払ったことが分かります。

 簿記では、通貨(硬貨・紙幣)だけでなく通貨代用証券(=すぐに現金に交換できるもの)も現金として取り扱うため、郵便為替証書で支払った場合は現金の減少として処理します。

  • 簿記上の「現金」
    • 通貨(硬貨・紙幣)
    • 通貨代用証券(他人振出小切手・送金小切手・郵便為替証書

 残額の30,000円(=50,000円-20,000円)については、問題文に「後日支払うことになった」とあるので、未払金の増加として処理しましょう。

管理人

消耗品に関する取引は、試験範囲の改定により処理方法が変更されました。2019年度以降に3級を受験される方は「購入時に全額を消耗品費で処理する」と押さえておけばOKです。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ