簿記3級 重要仕訳TOP100 固定資産の賃借(差入保証金)

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 新店舗の賃貸借契約を締結し、3か月分の家賃 ¥ 900,000、不動産会社への仲介手数料 ¥ 300,000、敷金 ¥ 1,800,000 を現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 立替金
前払金 仮払金 差入保証金 建物
未払金 支払手数料 支払家賃 支払地代

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払家賃
支払手数料
差入保証金
900,000
300,000
1,800,000
現金 3,000,000 ※1

※1 900,000円+300,000円+1,800,000円=3,000,000円(貸借差額)

解説

 固定資産の賃借(差入保証金)に関する問題です。

 本問は、取引を【家賃に関する取引】【仲介手数料に関する取引】【敷金に関する取引】の3つに分けて考えましょう。

 問題文の「新店舗の賃貸借契約を締結し、3か月分の家賃 ¥ 900,000…現金で支払った」から、入居前に家賃を前払いしたことが分かります。

 家賃を前払いした場合には、支払額を「前払家賃(前払費用)で処理」と「支払家賃で処理」の2パターンの処理方法が考えられますが、本問は問題に列挙されている勘定科目の中に支払家賃がある(前払家賃や前払費用がない)ので、支払家賃で処理すると判断します。

解答①(家賃に関する取引)
(借)支払家賃 900,000
 (貸)現金 900,000

 問題文の「不動産会社への仲介手数料 ¥ 300,000…を現金で支払った」から、不動産会社に仲介手数料を支払ったことが分かるので、支払手数料で処理します。

解答②(仲介手数料に関する取引)
(借)支払手数料 300,000
 (貸)現金 300,000

 問題文の「敷金 ¥ 1,800,000 を現金で支払った」から、保証金の性質を持つ敷金を支払ったことが分かるので、差入保証金の増加として処理します。

解答③(敷金に関する取引)
(借)差入保証金 1,800,000
 (貸)現金 1,800,000

 以上、①②③の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

差入保証金は2019年度から新たに試験範囲に追加された論点です。敷金を支払ったら差入保証金で処理する!と押さえておきましょう。

なお、固定資産の賃借に関する仕訳は、固定資産の賃借(賃借料の支払い)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ