簿記3級 重要仕訳TOP100 固定資産の売却(売却代金の回収)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 不要となった備品(取得原価:¥ 1,000,000、減価償却累計額:¥ 800,000、間接法で記帳)を期首に処分し、売却代金 ¥ 150,000 は後日受け取ることになっていたが、本日、売却代金の全額が当社の普通預金口座に振り込まれた。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
立替金 未収入金 備品 減価償却累計額
固定資産売却益 減価償却費 消耗品費 固定資産売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
普通預金 150,000 未収入金 150,000

解説

 固定資産の売却(売却代金の回収)に関する問題です。

 本問は、問題文の「売却代金 ¥ 150,000 は後日受け取ることになっていた」から、売却時に未収入金を計上したことが分かります。

参考:売却時の仕訳
(借)減価償却累計額 800,000
(借)未収入金 150,000
(借)固定資産売却損 50,000
 (貸)備品 1,000,000

 また、問題文の「本日、売却代金の全額が当社の普通預金口座に振り込まれた」から、この未収入金を回収したことが分かるので、普通預金の増加および未収入金の減少として処理します。

解答:回収時の仕訳
(借)普通預金 150,000
 (貸)未収入金 150,000
管理人

本問のように、問題資料で未収入金の金額が与えられている場合、解答にあたって売却時の仕訳を考える必要はありません。回収に関する仕訳をサクッと考えましょう。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ