簿記3級 重要仕訳TOP100 固定資産の購入(付随費用の支払い)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 先日購入した土地の仲介手数料 ¥ 200,000 を、不動産仲介業者に現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 立替金
土地 減価償却累計額 買掛金 未払金
仕入 支払手数料 支払利息 減価償却費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
土地 200,000 現金 200,000

解説

 固定資産の購入(付随費用の支払い)に関する問題です。

 登記費用や仲介手数料など、固定資産を購入するさいに発生する費用(付随費用)は取得原価に含めて処理します。

固定資産の取得原価:購入代価+付随費用

 本試験では、購入代価と付随費用を同時に支払う問題がよく出題されますが、本問のように支払う時期がズレるケースもあります。

 ただ、時期がずれたとしても付随費用であることに変わりはないので、同時に支払う場合と同様に取得原価に含めて処理します。うっかり支払手数料で処理しないように気をつけましょう。

 本問は、問題文に「先日購入した土地の仲介手数料 ¥ 200,000 を、不動産仲介業者に現金で支払った」とあるので、仲介手数料200,000円を土地の増加および現金の減少として処理します。

管理人

支払手数料でひっかける気満々の問題です。購入代価と付随費用を支払う時期がズレても処理は同じ!と押さえておきましょう。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ