簿記3級 重要仕訳TOP100 固定資産の購入(消耗品と同時購入)

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 業務用パソコン3台( @¥ 300,000 )と事務用消耗品 ¥ 50,000 を購入し、代金は月末に支払うことにした。なお、パソコンの設置費用 ¥ 30,000 は現金で支払った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 備品
買掛金 借入金 未払金 仕入
支払手数料 消耗品費 雑費 保管費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品
消耗品費
930,000
50,000
※1 未払金
現金
950,000
30,000
※2

※1 @300,000円×3台+30,000円=930,000円

※2 @300,000円×3台+50,000円=950,000円

解説

 固定資産の購入(消耗品と同時購入)に関する問題です。

 本問は、取引を【備品の購入に関する取引】【消耗品の購入に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 問題文に「業務用パソコン3台( @¥ 300,000 )…を購入し、代金は月末に支払うことにした」とあるので、備品の増加および未払金の増加として処理します。

備品の購入代価:@300,000円×3台=900,000円

解答①(備品の購入に関する取引1)
(借)備品 900,000
 (貸)未払金 900,000

 また、問題文の「パソコンの設置費用 ¥ 30,000 は現金で支払った」から、パソコンの本体代金とは別に設置費用を支払っていることが分かります。

 設置費用や仲介手数料など、固定資産を購入するさいに発生する費用(付随費用)は取得原価に含めて処理するので、設置費用30,000円は備品の取得原価に含めて処理します。

固定資産の取得原価:購入代価+付随費用

解答②(備品の購入に関する取引2)
(借)備品 30,000
 (貸)現金 30,000

 問題文に「事務用消耗品 ¥ 50,000 を購入し、代金は月末に支払うことにした」とあるので、全額を消耗品費で処理します。

解答③(消耗品の購入に関する取引)
(借)消耗品費 50,000
 (貸)未払金 50,000

 以上、①②③の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

2018年度の試験までは「購入時に消耗品で処理する方法」と「購入時に消耗品費で処理する方法」の2パターンが出題されていましたが、2019年度の試験から「購入時に消耗品費で処理する方法」に一本化されました。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ