簿記3級 重要仕訳TOP100 役員貸付金

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 当社の代表取締役・藤堂氏に年利率2%、期間3か月の条件で ¥ 5,000,000 を貸し付け、利息を差し引いた残額を当社の普通預金口座から藤堂氏個人の普通預金口座に振り込んだ。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 役員貸付金
従業員立替金 前払金 役員借入金 受取手数料
受取利息 給料 支払手数料 支払利息

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
役員貸付金 5,000,000 受取利息
普通預金
25,000
4,975,000
※1
※2

※1 5,000,000円×2%×3か月/12か月=25,000円

※2 5,000,000円-25,000円=4,975,000円(貸借差額)

解説

 役員貸付金に関する問題です。

 本問のように、金銭の貸し付けにあたって利息を差し引く場合は、以下の3ステップで仕訳を考えると分かりやすいです。

  1. 元本を資産計上する
  2. 利息を計算して収益計上する
  3. 貸借差額を適切に処理する

 問題文の「当社の代表取締役・藤堂氏に年利率2%、期間3か月の条件で ¥ 5,000,000 を貸し付け」から、役員に対して5,000,000円の貸し付けを行ったことが分かります。

 このような場合は、通常の貸付金と区別するために役員貸付金で処理します。仕訳の基本的な考え方や処理方法は貸付金と同じです。

  • 企業外部の第三者に対する貸し付け:貸付金で処理
  • 企業内部の役員に対する貸し付け:役員貸付金で処理
参考:ステップ1(元本を資産計上する)
(借)役員貸付金 5,000,000

 貸付金の利息に関しては、「貸付時に受け取る場合」と「回収時に受け取る場合」の2パターンがあります。

 本問は、問題文の「利息を差し引いた」から、貸付時に利息を受け取ったことが分かります。利息の金額を月割りで計算して受取利息で処理しましょう。

受取利息:5,000,000円×2%×3か月/12か月=25,000円

参考:ステップ2(利息を計算して収益計上する)
(借)役員貸付金 5,000,000
 (貸)受取利息 25,000

 最後に貸借差額を処理しましょう。

 問題文に「残額を当社の普通預金口座から藤堂氏個人の普通預金口座に振り込んだ」とあるので、貸借差額の4,975,000円(=5,000,000円-25,000円)を普通預金の減少として処理します。

解答:ステップ3(貸借差額を適切に処理する)
(借)役員貸付金 5,000,000
 (貸)受取利息 25,000
 (貸)普通預金 4,975,000
管理人

回収時に利息を受け取る場合は、ステップ2の手続きを飛ばして仕訳を考えましょう。

なお、役員借入金に関する仕訳は、役員借入金で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ