簿記3級 重要仕訳TOP100 当座借越(期中処理)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 伊達商店から商品 ¥ 600,000 を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。当座預金の残高は ¥ 500,000 であるが、取引銀行と借越限度額 ¥ 1,000,000 の当座借越契約を締結している。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 支払手形
買掛金 電子記録債務 借入金 当座借越
未払金 仮受金 預り金 仕入

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 600,000 当座預金 600,000

解説

 当座借越(期中処理)に関する問題です。

 本問は、問題文の「伊達商店から商品 ¥ 600,000 を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った」から、600,000円の小切手を振り出して代金を支払ったことが分かります。

 当座預金の残高は500,000円であるため、600,000円の小切手を振り出すと100,000円の貸方残(=マイナス残高)になりますが、期中においてはこのままで構いません。

当座預金勘定

 なお、決算において当座預金が貸方残(=マイナス残高)になっている場合には、貸借差額を当座借越または借入金に振り替えます。参考までに、仕訳をご確認ください。

参考:決算整理仕訳(当座借越に振り替える場合)
(借)当座預金 100,000
 (貸)当座借越 100,000
参考:決算整理仕訳(借入金に振り替える場合)
(借)当座預金 100,000
 (貸)借入金 100,000
管理人

2018年度の試験までは貸方残(=マイナス残高)になった時点で当座借越を使って処理していましたが、試験範囲の改定にあわせて処理方法が変わりました。

なお、当座預金が貸方残(=マイナス残高)になっている場合の決算整理仕訳は、当座借越(決算処理①)当座借越(決算処理②)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ