簿記3級 重要仕訳TOP100 現金過不足(期中に判明)

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 月末に金庫を実査したところ、紙幣・硬貨 ¥ 181,800、得意先振出小切手 ¥ 50,000、得意先振出約束手形 ¥ 80,000、郵便切手 ¥ 8,200、収入印紙 ¥ 2,000、送金小切手 ¥ 10,000 が保管されていたが、現金出納帳の残高は ¥ 260,000 であった。現時点で不一致の原因は不明のため、現金過不足勘定で処理することにした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 支払手形 雑益 通信費
租税公課 雑費 雑損 現金過不足

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 18,200 ※1 現金 18,200

※1 260,000円-(181,800円+50,000円+10,000円)=18,200円

解説

 現金過不足(期中に判明)に関する問題です。

 簿記では、通貨(硬貨・紙幣)だけでなく通貨代用証券(=すぐに現金に交換できるもの)も現金として取り扱います。

  • 簿記上の「現金」
    • 通貨(硬貨・紙幣)
    • 通貨代用証券(他人振出小切手・送金小切手・郵便為替証書)

 本問はまず、金庫に保管されているものの中から、現金として処理する通貨および通貨代用証券をピックアップしましょう。

  • 紙幣・硬貨 181,800円:通貨
  • 得意先振出小切手 50,000円:通貨代用証券
  • 得意先振出約束手形 80,000円:受取手形
  • 郵便切手 8,200円:通信費(または貯蔵品)
  • 収入印紙 2,000円:租税公課(または貯蔵品)
  • 送金小切手 10,000円:通貨代用証券

 ピックアップした結果、現金の実際有高が241,800円であることが分かるので、帳簿残高とのズレを現金過不足を使って修正しましょう。

  • 調整前
    • 現金の実際有高:181,800円+50,000円+10,000円=241,800円
    • 現金の帳簿残高:260,000円
    • ズレ(差額)=260,000円-241,800円=18,200円

 なお、現金過不足の仕訳を考えるさいは、金額を実際有高に合わせるのがポイントです。本問の場合、実際有高のほうが18,200円少ないので、同額だけ現金の帳簿残高を減らしてズレを調整します。

解答:帳簿残高と実際有高のズレを修正する仕訳
(借)現金過不足 18,200
 (貸)現金 18,200
  • 調整後
    • 現金の実際有高:241,800円
    • 現金の帳簿残高:260,000円-18,200円=241,800円
    • ズレ(差額)=0円
管理人

期中に不一致の原因が判明した場合の仕訳は、現金過不足(期中判明分の一部処理)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2019年10月26日(土)の夜(18時~)と10月27日(日)の昼(13時~)から東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。現在参加者募集中です!

 みんなで楽しく気分転換&情報交換しませんか?人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ぜひぜひご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ