簿記3級 重要仕訳TOP100 債権の回収(当期に貸倒れ処理)

仕訳問題

難度:高・・低

重要度:A・B

 当期中に発生した売掛金 ¥ 250,000 が貸し倒れたため、全額を貸倒損失で処理していたが、このうち ¥ 100,000 を郵便為替証書で回収した。なお、貸倒引当金の残高は ¥ 50,000 である。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
貸倒引当金 売上 貸倒引当金戻入 償却債権取立益
発送費 貸倒引当金繰入 貸倒損失 通信費

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 100,000 貸倒損失 100,000

解説

 債権の回収(当期に貸倒れ処理)に関する問題です。

 債権の回収は、債権を貸倒れ処理したタイミング(前期以前or当期)によって処理が異なります。仕訳を考えるさいは、いつ貸倒れ処理したものなのかを必ず確認しましょう。

  • 前期以前に貸倒れ処理した債権:過年度の貸倒れの仕訳を修正することができないため、回収額の全額を償却債権取立益で処理します。
  • 当期に貸倒れ処理した債権:貸倒れの仕訳を修正することができるため、貸倒れ処理時に計上した貸倒損失貸倒引当金の金額を修正します。

 本問はまず、問題文の「当期中に発生した売掛金 ¥ 250,000 が貸し倒れたため、全額を貸倒損失で処理していた」から、貸倒れ処理時に以下のような仕訳を切っていたことが分かります。

参考:貸倒れ処理時の仕訳
(借)貸倒損失 250,000
 (貸)売掛金 250,000

 そのうえで、問題文に「このうち ¥ 100,000 を郵便為替証書で回収した」とあるので、貸倒れ処理時に計上した貸倒損失の金額を修正します。

 なお、簿記では通貨(硬貨・紙幣)だけでなく通貨代用証券(=すぐに現金に交換できるもの)も現金として取り扱うため、郵便為替証書を受け取った場合は現金の増加として処理します。

  • 簿記上の「現金」
    • 通貨(硬貨・紙幣)
    • 通貨代用証券(他人振出小切手・送金小切手・郵便為替証書
解答:回収時の仕訳
(借)現金 100,000
 (貸)貸倒損失 100,000
管理人

当期に貸倒れ処理した債権を回収した場合は、上記のようにいったん貸倒れ処理時の仕訳を考えると分かりやすいです。

なお、前期に貸倒れ処理した債権を回収した時の仕訳は、債権の回収(前期に貸倒れ処理)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ