簿記3級 重要仕訳TOP100 電子記録債務

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 浅井商店に対する買掛金 ¥ 220,000 について、取引銀行を通じて電子記録債務の発生記録を行った。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
電子記録債権 立替金 仮払金 支払手形
買掛金 電子記録債務 未払金 預り金

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 220,000 電子記録債務 220,000

解説

 電子記録債務に関する問題です。

 電子記録債権・電子記録債務は、電子債権記録機関によって電子的に記録・管理される債権・債務です。従来の手形と比べると「紛失するリスクがない」「事務手続きが少ない」「印紙税が不要」などのメリットがあります。

 本問のように、買掛金について取引銀行を通じて電子記録債権の発生記録を行った場合は、買掛金の減少および電子記録債務の増加として処理します。

 なお、電子記録債務は支払期日に自動的に決済されます。参考までに支払期日が到来した時の仕訳も確認しておきましょう。

解答:発生時の仕訳
(借)買掛金 220,000
 (貸)電子記録債務 220,000
参考:支払期日が到来した時の仕訳
(借)電子記録債務 220,000
 (貸)普通預金など 220,000
管理人

債権者側の処理に関する仕訳は、電子記録債権で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ