簿記3級 重要仕訳TOP100 証ひょうによる売上取引(消費税)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 源商店に商品を売り上げ、商品とともに以下の納品書兼請求書を発送し、代金は全額を掛けとした。

証ひょう
勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 未収入金 仮払消費税 仮受消費税
未払消費税 売上 法定福利費 租税公課

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 54,000 売上
仮受消費税
50,000
4,000

解説

 証ひょうによる売上取引(消費税)に関する問題です。

 本問は、取引を【掛けによる売上取引】【消費税に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 問題文に「代金は全額を掛けとした」とあるので、商品代金50,000円を売掛金の増加として処理します。

解答①(掛けによる売上取引)
(借)売掛金 50,000
 (貸)売上 50,000

 問題資料の証ひょう(納品書兼請求書)に計上されている消費税4,000円は、売上に含めずに仮受消費税で処理します。

解答②(消費税に関する取引)
(借)売掛金 4,000
 (貸)仮受消費税 4,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

消費税は2019年度から新たに試験範囲に追加された論点のひとつです。消費税を受け取ったさいには「仮受消費税」、支払ったさいには「仮払消費税」で処理します。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ