簿記3級 重要仕訳TOP100 売上取引(自己振出の約束手形)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 蠣崎商店に商品 ¥ 600,000 を販売した。代金のうち ¥ 400,000 は以前に当社が振り出した約束手形を受け取り、残額は掛けとした。

勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 電子記録債権 手形貸付金 未収入金
支払手形 買掛金 手形借入金 売上

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払手形
売掛金
400,000
200,000

※1
売上 600,000

※1 600,000円-400,000円=200,000円(貸借差額)

解説

 売上取引(自己振出の約束手形)に関する問題です。

 本問は、取引を【手形による売上取引】【掛けによる売上取引】の2つに分けて考えましょう。

 問題文の「代金のうち ¥ 400,000 は以前に当社が振り出した約束手形を受け取り」から、以前に振り出した約束手形を回収したことが分かります。

 この手形の回収により手形代金の支払義務が消滅するため、支払手形の減少として処理します。うっかり受取手形で処理しないように気をつけましょう。

解答①(手形による売上取引)
(借)支払手形 400,000
 (貸)売上 400,000

 問題文に「残額は掛けとした」とあるので、残額200,000円(=600,000円-400,000円)を売掛金の増加として処理します。

解答②(掛けによる売上取引)
(借)売掛金 200,000
 (貸)売上 200,000

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

第三者が振り出した約束手形を受け取った場合は受取手形の増加、自分が振り出した約束手形を受け取った場合は支払手形の減少として処理します。混同しないように気をつけましょう。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ