簿記3級 重要仕訳TOP100 証ひょうによる仕入取引(消費税)

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

 骨川商店から販売用の商品を仕入れ、商品とともに以下の納品書を受け取った。なお、代金は月末にまとめて支払うことになっている。

証ひょう
勘定科目は、次の中から最も適当と思われるものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 仮払消費税
買掛金 電子記録債務 仮受消費税 未払消費税
仕入 支払運賃 支払手数料 租税公課

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入
仮払消費税
110,000
8,800
買掛金 118,800

解説

 証ひょうによる仕入取引(消費税)に関する問題です。

 本問は、取引を【掛けによる仕入取引】【消費税に関する取引】の2つに分けて考えましょう。

 問題文に「代金は月末にまとめて支払うことになっている」とあるので、商品代金110,000円を買掛金の増加として処理します。

解答①(掛けによる仕入取引)
(借)仕入 110,000
 (貸)買掛金 110,000

 問題資料の証ひょう(納品書)に計上されている消費税8,800円は、仕入原価に含めずに仮払消費税で処理します。

解答②(消費税に関する取引)
(借)仮払消費税 8,800
 (貸)買掛金 8,800

 以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

管理人

証ひょうから仕訳を起こす問題は、証ひょうの内容を正確に読み取ることが一番のポイントになります。決して難しい論点ではないので、落ち着いて解答しましょう。

重要仕訳一覧

ページの先頭へ